転職できる限界は40代!?

転職できる限界は40代!?

転職限界年齢の平均は43.4歳!

 


 転職の限界年齢平均は43.4歳というニュースを見たとき、案外と高いんだな…と率直いって思いました。やはりいいところ35歳前後ではないか、と以前から思っていましたので。

 

 確かに40歳以上でも転職は不可能はいいませんが、経営経験者やプロジェクト立ち上げの成功体験を自ら作り上げた者、会社を苦境から立ち直らせた実績を持っている者、取締役あるいはそれと同等クラスの地位にあった者等で、ごく限られた募集に、限られた人材にのみ当て嵌まるものと思っていたので、まさか40歳越えになるとは…と少し驚きました。

 

 とはいえ、私のように紹介予定派遣という、いわば正式採用一歩手前の形で採用で、比較的ハードルが低かったために47歳になっても採用される…というケースもありますので、少し戦略を変えれば、何も前述したような高度なスキルや成功体験を持っていなくても採用される可能性は上がるとは考えていますが。

 

 

 またニュース報道にもあるように2007年から募集の際に原則として年齢制限を設けることは禁止、との法改正があったとはいえ、実際は「もう募集は打ち切りました。」とか「もう少し若い年齢でないと」とか、 もっとはっきりと「うちは35歳位までを希望しているので」…等と電話口でシャットアウトされるのが落ちです。  ですから外目に触れる募集要項には確かに「年齢不問」と書いてありますが「若い社員がバリバリ活躍しています」等と付記し、暗に若年層のみの募集を匂わせたりするものもあり、とにかく実際は歴然と年齢制限を設けているという経験を、これまでの自らの転職経験や、実際の長年にわたる人事職の経験から実感しています。一体この法令にはなんの意味があるのか、甚だ疑問になるわけです。いずれにしても40歳という年齢は、人生最後の転職へと向かう最後に残された“駅”だと考えた方が無難なような気がしますね。

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト