40歳からでも出来る!職場で存在感を増すために必要なこと

40歳からでも出来る!職場で存在感を増すために必要なこと

 

 40歳からの仕事を考える上で大切なのは、自分の仕事に関する能力をしっかりと見極めることです。40歳であれば、すでに同年代で仕事に対する実力の差がはっきりと出ていることでしょう。自分は他と比べて優秀な社員なのか、平均的な社員なのか、それとも会社のお荷物になっているのか、周囲の反応や自分の出世の状況などから判っている方が多いはずです。

 今の御時世、安定企業と言われる大手企業でも、経済の状況によってはいつ何時リストラを敢行するのか読めない時代です。M&Aで会社の資本が外資に取って代わるやもしれまえん。他と比較して自分は優秀な社員だと胸を張って言えない40歳以上の社員であれば、誰しも明日は我が身かとリストラを見てしまうのではないでしょうか。

 

 でも、指を加えて成り行きを見守っているばかりではいけません。40歳からでも少し心がけるだけで、仕事環境がガラリと変わる秘策があるのです。それはコミュニケーション能力をつけること。

 

共感する力がコミュニケーション能力を育てる

 

 仕事をする上で大変重要となるのがコミュニケーション能力だと言われて久しいです。しかしコミュニケーション能力を上げるためにどうすれば良いのか判らない人が多いのが実情で、それを理解している人だけが社内でも存在感がある人材となれるのです。

 

 コミュニケーション能力を、ただ井戸端会議をしていることだと考え就業時間に長時間無駄口をたたくのは論外。コミュニケーション能力で最も大切なのは「共感する力」ですから、闇雲に同僚と接しているだけではコミュニケーション能力が高いとは言えません。相手の立場に立ち、相手の言動からくる考え方や感情を理解する力、共感力こそが重要なのです。

 

 共感する力を高めるには、相手の言動の裏にあるものを推測し分析し、言動の裏に隠された考え方や感情を知ることが大切です。慣れていないと最初のうちは難しいかもしれません。しかし意識的に磨いていけば共感する力を身につけることが可能になり、職場で存在感のある人材へと進化できるようになるのです。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト