ヘッドハンティング転職が増える40代以降

ヘッドハンティング転職が増える40代以降

 

 さまざまな求人サイトを見ていると、転職市場では、35歳が終了という風潮は未だ続いています。 40歳からの仕事探しとなると、これまでのキャリアや勤務地、報酬にこだわることで、応募先が見つかりにくいことも多いようです。

 

 転職エージェントなどを使って、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けながら活動しても、そう簡単には希望の職に就けないのが現実のようです。

 

 ですが、40歳以降でも、多く求められる転職方法があります。それが、ヘッドハンティングです。

ヘッドハンターが注目する40代以降

 

 企業の戦略にかかわる非公開求人を、転職エージェントに依頼する企業も増えてきましたが、ニーズに合わせた人材のヘッドハンティングを専門に行う会社が存在し、注目を集めています。

 

 ヘッドハンターが注目するのが、まさに40歳から50代半ばの人材。その人に転職の意思があるのか、ないのかは、ヘッドハンティングする際には問題にならないようです。

 

 企業がヘッドハンティングの依頼をしてから、実際に契約が成立するまで、業種によって期間が異なるといいます。医師や弁護士、公認会計士などの高度技能職は、人材を探し始めてアプローチをかけ、実際に契約するまでに1〜2年かかることも珍しくないといいます。

 

 その点、営業職や管理、企画などの職種は、依頼主にスピードを要求されることが多いので、半年以内にヘッドハンティングを完了するのが目安だそうです。

 

突出した人材が求められるヘッドハンティング

 

 ヘッドハンターの御眼鏡に適うためには、業界内あるいは社内で、専門職、管理職として、一目置かれる存在になる必要があります

 

 現在の仕事で結果を出していれば、自分が転職の意思を固める前に、ヘッドハンティングされることもあるのです。

 

 自分のキャリアデザインを明確にし、いざというときに転職に有利な条件をつくっておくことが、会社員には大切なことなのかもしれません。

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト