40歳からの仕事探しで求められるマインドとは

40歳からの仕事探しで求められるマインドとは

 

 

40歳からの仕事探しの壁

 

 日本には、加齢とともに求人が減っていくという風潮があります。企業側が40歳以降の中高年を採用するのに躊躇するいくつかの理由があるからです。

 まず、実際の40歳からの仕事探しの壁となる、企業側の考え方について理解しましょう。

 

40歳以降の採用に躊躇する理由

 

 企業が40歳以降の採用に躊躇する理由のいくつかを示します。

 

  • 配属先の上司が年下で、マネジメントしにくい年上の採用を嫌がる
  •  

  • バブル時代の華やかな経歴や実績ばかり上げられ、不況時の実績に乏しい
  •  

  • 平均年齢が若い職場で、若い人とは違った能力の提示が出来ない
  •  

  • 能力がないから転職しているのではないか?と勘ぐられる

 

 40歳からの仕事探しは、明確でポジティブな理由を説明できない限り、企業側にはメリットがある採用とは判断されません。そうしたマイナスイメージを払しょくするために、できることは何かを考えてみましょう。

 

40歳からの転職に成功する秘訣

 

 40歳からの転職活動で、企業に好印象を残すための方法をまとめてみましょう。

 

  • 雇用してくれる企業の目線に立って、アピールすべき自分のキャリアを整理
  •  

  • 自分にしか語れないものを見つけてプレゼン
  •  

  • 入社したら、どんな結果を提示できるか、どんなノウハウを社内に伝えられるか、どんな人材が育てられるか、具体的に考えておく

 

 つまり、これまでのキャリアの棚卸をしたうえで、徹底して自己分析を行うということです。企業が魅力を感じてくれる経歴や実績は何なのか、そこにどう関わり、どんな成果を出し、自分なりに何を得たのかを整理することが、自分にしか語れない仕事を見つけることにつながるのです。

 

人間性はもちろん観られる

 

 40歳以降の採用に関しては、利益につながるスキルと技術だけが選考基準ではありません。

 

 新たな職場でスムーズに人間関係を構築しながら、複数の人間と関わって大きな利益を生む、調整力や交渉力を含めた、マネジメントスキルの有無が成否をわけます。自分の苦労や経験を、若手の教育に生かしたいという思いを伝えることが、あなたの人間性を理解してもらう第一歩になりえるのです。

 

 協調性を持って、時にリーダーシップを発揮しながら会社に貢献したいと、具体的な事例を伝えられるようにしましょう。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト