転職者全般への参考情報 こんな転職エージェントさんもいます

転職者全般への参考情報 こんな転職エージェントさんもいます

筆者は、2011年に現職に転職し、2014年から現在にいたるまで、半年から1年くらいの少し、長いスパンで考えて、転職活動をしていますが、改めて、転職エージェントさんの担うべき機能は一言でいえば、広い意味でのコーチングと言えると思いますが非常に重要だなと改めて、痛感しています。

 

例えば、皆さんも、転職活動を始めるにあたり、まずは、転職エージェントさんにポジションの紹介をしてもらうことも兼て、キャリア相談をするケースが多いと思いますが、いい方向にモチベーションを持って行ける経験豊富な転職エージェントさんの有無は、後々考えた時に大きな差を生むように思います。

 

企業側の戦略、方針をふまえて、的確な求人情報を取ってきてくれる情報収集の機能に関しても、情報ルートや収集した情報の分析、料理の仕方は、転職エージェントそれぞれ特徴があると思いますし、企業側との面談の日程調整などをアレンジする秘書的機能も緻密な人もずさんな人もいろいろいます。

 

(ひどい人は、自分でポジションの紹介したことを忘れていたりもします。(笑))

 

 

2011年の転職時に筆者が出会った印象的な女性転職エージェントさんに関して、ご参考まで、書いてみたいと思います。

 

2011年の転職活動時にBizreachでコンタクトのあった女性転職エージェントのBさんのアレンジで現職への転職が決まったこともあり、今でも感謝しています。
このBさんの場合、所属している会社が、当時、現職の関係会社だったこともあり、定期的に現職の人事部に人を派遣して、人事関連の業務支援をしていた経緯がありました。

 

(筆者の転職後、数年して、現職のグループ会社ではなくなったので、現在、どこまで、強いパイプが残っているかは、不明ですが)この人事交流の閣下んで、Bさんも2011年の5年ほど前に数年、現職の人事部に出向されていたこともあり、2011年当時も、人事部に出入り自由(*普通の転職エージェントさんは、まずは、企業側に取引のアカウントを開いてもらう必要があり、そこでも、大きな壁がありますし、アカウントを開いてもらった後も、求人ニーズを的確に把握して、転職候補者をいい形で紹介できないと関係は深まらず、転職の斡旋に至るのは、いろいろハードルが多いのが実情です。

 

9ので、人事部長他とざっくばらん話をできる関係を構築していて、今、仕事をしている現職の所属部署の求人ニーズに関しても、公開求人になる前の段階で、相談ベースで話を聞いていて、その直後に私が、転職の相談をしたという流れになり、面接はとんとん拍子で進み(しかも、一次面接で、今の部署の部長と課長が出てきて、高評価をもらったので、その後の選考は落とすための選考というプレッシャーを感じるようなものではなく、採用する前提での面接という感じでした。)

 

大手転職支援会社が紹介してくれた求人票ベーズの案件(公開されているので、当然、競争も激しく、書類選考も通過しないケースがままありました。)とは大違いで、ある意味、拍子抜けするほど、短期間(一次面接から内定まで、1か月半ほど)で転職を決めることができました。

 

面接に際しても、Bさんが、過去に現職に紹介した人が、たまたま、採用部署に所属していたこともあり、面接のたびに面接官の名前が分かると、電話で、この過去の紹介者の人に面接官のバックグラウンドや人となりに関して、ヒアリングして、面接の事前にInputしてくれたので、心の準備も十分にできました。

 

(特に現職はいろいろなバックグラウンドの人がいるので、面接官がこれまで、どんな仕事をしてくた人かが分かると、事前にこんなことを聞かれそうだなと等、想定問答を頭でシュミレーションすることもでき、大変、有用でした。)

 

こちらも面接が終わるたびに電話で状況報告を入れて、面接でうまく伝えきれていないと感じた点、不明点、懸念事項などを伝え、適宜、フィードバックをもらいながら、進めることができて、非常に安心感もありました。
(私からのフィードバックも守秘義務にふれない形で、データとして蓄積して、その後の、転職サポートにも活かされていたのかなと推測しています。)

 

転職後も、何度か、情報交換をかねて、知人を交えて、会食する機会がありましたが、社内でも姉御として、周りから、いろいろ相談を受ける立場だったようで、転職支援とは、やはり、コーチングであり、よろず相談(でも、線引きは重要)なのだなと感じました。

 

こういう転職エージェントさんは万能ではないですが、ピンポイントで転職候補先がある場合、うまく、機能してくれる可能性もあります。

 

いいタイミングで巡り合えるかは、運任せのところもありますが、運を引き寄せるためにも自分から能動的に前倒しで、アクションを起こしていくことが重要だと思います。ご参考まで。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト