デフレスパイラル脱却が転職の助力となる

不況によってモノの価格が下がり、そのことによって企業の収益が下がり、そして従業員の給与が下がるので、消費者の購買行動が下がり、しかたがないのでモノの価格を下げる。この悪循環をデフレスパイラルと言いますが、日本はこの10数年、まさにデフレスパイラルによって、モノの価格が下がり続けてきました。

 

しかし、少子高齢化など、そもそも消費する人口そのものが減り続けている現象と、経済の不調を併せて考えてみると、どこかで大きなカンフル剤注入をしないかぎり、このデフレスパイラルからの脱却は不可能に近い問題です。

家庭を持って、マイホームのための住宅ローンを組んだ人の中には、ボーナス増額返済計画においての賞与月の支払いが困難になり、ローンを組み直した人も多いと言います。それでも月収と月々の返済額にバランスが合わず、妻が職場復帰をしたり、パートに出て収入を増やしている家庭も多いでしょう。また収入の高い職場への就職をするために、転職活動を考えている人もいるのではないでしょうか。 安倍首相の賃上げ要求は、現在、サラリーマンをしている40代にとってはありがたい発言と、受け入れられたことでしょう。また、これから就職や転職を考えている人にとっても、心強い発言です。 これが実現して、デフレスパイラルからの脱却が始まり、さらに給与が上がることになれば、日本経済復活のシナリオも現実味を帯びてくるかもしれません。 ポーズだけではなく、実際の政策と結果に結びつくことは、国民だれしもが願っていることなのではないでしょうか。

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト