40代女性の再就職を妨げる原因とは?

先日発表された内閣府の調査で、専業主婦という立場に賛成と答えた20代男性が半数以上いたという結果が出ていました。しかし、これはあくまでも希望や願望に過ぎないもののようで、現実には経済的理由などで共働きを選ぶ夫婦も少なくありません。

 

また、最近では結婚や妊娠、出産を機に専業主婦になったものの、子育てが一段落した頃に再就職を目指す女性も多いと言われています。再就職を希望しているのは子どもに手がかからなくなった40代の主婦が主なようですが、意外な理由から再就職がスムーズに行かない人もいるそうです。

 

現在の40代女性と言えば、男女雇用機会均等法の施行により、女性の社会進出が活発化し始めた世代に当たります。そのため、学歴やキャリアだけでなく、プライドも高いのが特徴だと言われているようです。そして、このプライドこそが再就職を妨げている最大の理由だと指摘している記事がありました。

 

その記事で典型的な失敗例として挙げられていたのは、「ハローワークは失業者が利用する所と考えている」「比較的求人の多いレジや軽作業の仕事は大卒の自分にふさわしくない」「高時給を要求するが勤務時間や休日は譲らない」といったものでした。こうして列挙してみると、確かに40代女性の仕事に対する認識には問題があるように感じられます。

 

また、プライドの高さだけでなく、現在の雇用情勢をきちんと理解できていない点も再就職を妨げている理由となっているのではないでしょうか。今は、就職や転職が厳しいと言われている中高年世代だけでなく、若年層でもより良い仕事を求めて求職活動を行っているため、好条件の求人があれば応募者が殺到する時代です。40代の女性が就職したバブル期とは雇用情勢が全く異なっているのですから、再就職を目指すのであれば、まず「買い手市場」であることを認識する必要があるでしょう。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト