会社が欲しがる中高年とは

会社が欲しがる中高年とは?


 年齢が増すほどに年々採用条件が厳しくなる中高年の皆さんは辛い現実を人知れず経験した人も多いのではないかとお察しします。

 

 簡単に言えば・・・会社がいらないと思う中高年にならないことですが自分自身を厳正に客観的に見て合格点を高めるのは難しいことです。そこでどのような会社が、このような中高年者ならいらないと思うのでしょうか。


参考までにこちらが職業別の年齢層分布図です。

 

リーダーシップや不測事態の対応能力が必要

 まずは中高年は長年のキャリアや職務で得た知識が備わっていると思われてますので確実な意思決定が出来て行動力が備わっていることが求められます。若い人をリードして行く力も無い人は経験者とは言えないのです。

 

 次に長年の経験からクレームや事故などの不測事態に対処する冷静さがあり尚且つ迅速に対応し速やかに解決する能力が問われてきます。ただの年を取っただけのおじさんでは価値が無いということです。年齢とともに社歴のそれなりに積んできますと業界での人脈の広も備わってきますのでいざという時の使える人的ネットワークを持っていなくては経験者としは半人前と思われても仕方ありません。

 

 時には若手社員の模範になるような職務規則や規定を厳守し職場の秩序を指導できる能力を維持していることが問われます。若手社員は見ていないようで結構見ていますので・・・・。

 

一番のポイントは今までの技術と経験

 これが一番大切なのですが熟練で培われた確かな技術と技能をもっていることと熟練に基づく確かなスキルで企画力や開発力や発信力があることは重用です。だらだら仕事をして来た人とそうでない人の違いはここで現れます。

 

 最後になりますが部下のスキルや適正を見極めた指導力があり対人関係に長けており取引先企業からの評価の高いことが要求されるのですが・・・・。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。皆さんは当てはまる項目が幾つあったでしょうか。これらが多ければ多い程、同業者や取引先からの誘いが来る人でもありますので現役時代から少しづつ精進していると再就職や転職の場面になっても慌てることなく職に就けると思います。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト