会社の規模よりも自らを活かすことの出来る職場を選ぶべき


 日経新聞関連のビジネス誌に、40代の転職に関するアドバイス記事が掲載されています。それによると、会社の規模にこだわらず、自分の専門性を活かすことができる職場を選んで転職することが勧められています。
40代の転職では、資格や技能、会社から求められる資質といった問題もありますが、本人のメンタル的な問題(モチベーション管理など)も重視する必要があるとのことでした。

 

 

 20代で、業界に参加して仕事の能力を高め、ほかの人と連携して働くことを学び、30代では、より高い視点で仕事をみることができるようになる。そして、40代以降は自分の仕事を完成させたいという気持ちになってくる方も多いのではないでしょうか。
そのため、40代以以降での転職で「これまでの仕事の経験が認められない」「自分の能力と見合ったポジションに就けない」というのは、いくら給与・待遇面が良くても、精神的に充実した仕事をすることが難しくなるでしょう。

 

 今回のビジネス誌では、キャリアカウンセラーとの出会いで、自分の仕事に新しい面を発見することができた具体例などが掲載されていました。
このように、自分独りの中だけで判断しない。ということが大事なのかもしれません。これまでは「アドバイザー」「カウンセラー」というと、費用や時間など、簡単な質問をするだけでも手間がかかるイメージがありましたが、近年では、WEBの転職サービスで専任のアドバイザーが担当してくれることなども珍しくありません。40代で転職を考えているなら、積極的にそういった機関を利用するのも良いかもしれませんね。

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト