転職前の準備


40代にも差し掛かると、そろそろ転職はきつくなってきます。しかし、中には40代を超えても軽々と転職活動の壁を乗り越えて、良い条件の転職先を見つけて転職してしまう人も中にはいます。それは、どのような人なのでしょうか?

 

転職エージェントとして勤務した経験のある筆者が感じた、「40代で転職に向いている人とはどのような人か」お話しましょう。

 

続きを読む≫ 2016/01/28 13:46:28

なかなか微妙な年齢の40歳

 

 転職活動終了までにかかる期間を考える時、40歳という年齢は非常に微妙なところに位置しています。社会人としては、30代を通過しているので決して若いとは言えず、しかし働き盛りであるという表現も出来ることから、決して中高年という層にも該当しないでしょう。

 

続きを読む≫ 2016/01/20 13:26:20

“問題が起きてから対処”は社会人の非常識

 

 人の多くは、「問題が起きてから対処すればいい」と考えがち。そうは具体的に考えていなくても、問題が生じない限りそれに備えようとしないのが、人間というものなのです。体調管理や仕事にも同じようなことが言えるでしょう。

 

続きを読む≫ 2015/10/27 09:54:27

休職中に職を探すのは悪いこと?

 

 休職中に職を探すのは、果たしていけないことなのか。これには大きく分けると、ふたつの考え方があります。当たり前だと思うかもしれませんが、ひとつは「マナー違反」であり、もうひとつは「マナー違反ではない」という考え方があるのです。

 

 法律などに当てはめてみると、「法律違反ではないからセーフ」という意見もありますが、常識など社会人としての考え方に当てはめてみると、「マナー違反」という答えが出てくることが多いようです。

 

続きを読む≫ 2015/09/16 11:28:16

「転職したい時と転職すべき時の違い」

 

 気に入らない上司がいる、給料が低い、残業が多い、思うように有給が取れない等の理由で現職を辞めて転職しよう、と意を決します。果たしてこれが転職すべき時期と言えるのでしょうか。

 

続きを読む≫ 2014/12/17 13:02:17

 40代の転職ですから、きっと人生最後の転職となるわけですね。そうでなくては困りますが。一刻も早い転職の成果を出したいところでしょうが、ただ闇雲に活動していたのでは期待する結果が遠退くばかりです。

 

続きを読む≫ 2014/12/04 15:55:04

40歳の転職活動のタイミング

40歳ともなると、会社の中堅社員であり、管理職を担うひとも多くなっているはずです。転職後のキャリア形成を考えても、余計なトラブルや火種を残すことは得策ではありませんので、円満退職できるよう、タイミングをはかりながら転職活動を行う必要があります。

 

そう考えると、在職中・退職後のどちらが転職活動を始めるのによいのかと、迷うひともいると思いますが、自分が希望する業界や職種の求人数によっても、判断が変わります。

 

求人動向や自分の市場価値を調べたうえで、自分に最適な方法・タイミングを選びましょう。

 

 

続きを読む≫ 2014/10/31 16:10:31

 あなたが、40歳で転職を考える理由は何ですか?勤務先の業績不振や過重労働、給与や待遇への不満など、理由はひとそれぞれでしょう。

 

 ですが、現状の不満を解消するための転職では、一瞬は満足できるかもしれませんが、何か不満の種が生まれたときに、同じように会社を辞めたくなるのが目に見えています。

 

 転職活動をスタートする前に、キャリアの棚卸しをしっかり行い、自分のキャリアビジョンを再構築し、目的を明確にすることから始めましょう。

 

 

 

何を解決するべく、転職するのか?

 転職を考えるということは、現状になんらかの不満や問題があり、それを解消するには転職しかないと思っているのではないでしょうか。

 

 転職の理由のほとんどは給与、労働条件、人間関係によるものでしょうが、なにしろ40代の転職は決して易しいものではありません。当サイトの管理人が「いきなり転職するのはやめておけ」というのも変な話ですが、このようなサイトを運営しているからこそ、「慎重に行って欲しい」と切に願います。

 

 まず優先すべきは転職せずにあなたの不満・問題を解決できないか模索すること。それが無理であったときの転職です。

 

 ただ、何しろ40代は時間がありません。ぼやぼやしているとさらに年齢が重なり、転職が難しくなります。リスクを最小限に抑えるのであれば、転職の準備をしつつ問題を解決するために動く。

 

 転職サイトやエージェントは最初こそレジュメの設定やエージェントとのやり取りで少々時間を取られますが、一度準備してしまえば向こうから案件を紹介してくれるという、受動的な転職活動を行えるメリットがあります。

 

 そういった準備をしつつ、問題を解決できればそれで良し、転職できればそれもまた良しという二本体制でリスクマネジメントを行いましょう。

続きを読む≫ 2014/10/31 16:08:31

自分の転職市場価値を知ろう!

 

 40代で転職活動を始めるなら、若いときと同じ感覚では失敗してしまいます。

 

 近年、ミドル世代の求人も増えてきていますが、まず自分の市場価値を知り、そのうえで転職活動の計画をたてることをおすすめします。この作業を怠ると見当違いの求人に応募してしまったり、自分のいい部分をしっかりとアピールすることができません。自分には市場における価値というものがあり、それがどの程度のものなのかを把握していなければ、転職活動を進めていくことはできないのです。

 

 

転職市場価値を知る方法とは?

 

 手っ取り早く、自分の転職市場価値を知りたいのなら、転職サイトに登録してみましょう。

 

 転職サイトの多くは、自分の希望する条件等を選択・入力することで、それにマッチする求人をメールなどで定期的に届けてくれるサービスを提供しています。
 自分の希望条件にマッチする求人がどれくらい届くのかによって、市場価値の参考になる材料を集めることができそうです。

 

 また、最近の転職サイトには、自分の経歴等をレジュメによって登録し、それをチェックした企業からオファーなどが届く仕組みになっているスカウト機能も備わっていることが多いのですが、自分のレジュメを登録した際、企業からどれくらいの数のスカウトが来るのか、あるいは、どういったレベルや規模の企業からスカウトが来るのかなどをみることで、自分個人の価値を知る一助とすることができます。

 

 転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントと面談するのも市場価値を把握する一つの方法となるでしょう。キャリアコンサルタントは転職やその業界の事情・市場に精通しており、それと利用者のキャリアや能力等を冷静に見極めながら相談に乗ってくれるので、率直な市場価値を説明してくれるはずです。

 

 こうした自分を客観視できる手段を用いて、転職市場価値を確認してみましょう。

 

 

転職市場価値を実際の活動に反映しよう!

 

 上記のような方法で自分の転職市場価値が高いと判断できれば、それを武器にハイクラスな転職を目指して邁進すればよいと思います。

 

 逆に、予想外にさほど売り手ではないと知った場合は、自分のキャリアやノウハウを活かせる企業を探すよう、考え方を切り替える必要があるでしょう。あるいは、これまで転職先に求めていた条件等を絞り込む、妥協するという決断も必要になってくるのかもしれません。

 

 市場価値によっては、大手企業一辺倒ではなく、成長著しいベンチャー企業や新興企業に応募したり外資系企業を検討するのも方法の一つです。

 

 自分の転職市場価値を知ったうえで、きちんと戦略を練り、正しい転職活動ができるようにしておきましょう。

 

 

転職市場価値をあげるためには

 

 転職しようと思ってから市場価値をあげようと思っても、うまくいくはずはありません。

 

 40代になるまで、どんな職場で、どんなふうに仕事をしながらキャリアを積み、どのようなスキルとノウハウを身に付けてきたかで、転職市場価値は決まってしまいます。いざというときに困らないように、日ごろから仕事に真摯に取り組みましょう。

 

 もし自分の転職市場が思ったよりも高くなく、これでは転職が叶わないと感じているのであれば、例えば資格や知識・技術を獲得するために勉強をしてみるのもいいかもしれません。時間はかかるかもしれませんが、結果的に良い転職が実現できる可能性が高まるでしょう。

 

 履歴書や職務経歴書などの応募書類対策、面接対策によっても、自分の市場価値を高く見せることは可能。そうした工夫もしながら転職活動をしてみてはどうでしょうか。

続きを読む≫ 2014/10/01 10:44:01

転職活動を行う際、自己分析が必要なのは、どの年代でも同じです。

 

ですが40歳ともなると、自己分析で自分の強みだけでなく、仕事に対する志向性を認識しておくことが、転職の成否を分けるポイントになりかねないことを、きちん認識すべきです。

続きを読む≫ 2014/09/25 12:14:25

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト