40歳の転職は自己分析で有利に

転職活動を行う際、自己分析が必要なのは、どの年代でも同じです。

 

ですが40歳ともなると、自己分析で自分の強みだけでなく、仕事に対する志向性を認識しておくことが、転職の成否を分けるポイントになりかねないことを、きちん認識すべきです。

まずは、5段階評価でキャリアの棚卸

40歳は、自己分析を行う前に、まずキャリアの棚卸しが不可欠です。これまでに経験した、職種・職務・実績を具体的に書き出し、それぞれを5段階で評価し、その理由を書き出します。

 

そして、その評価をこれから上げることができるかどうか、YES・NOで記入し、その理由も記載しておきます。さらに、これからやってみたい職種や職務、職位を書き出し、それを達成するための目標と理由も書き添えます。

 

可能であればプロセスも書いておきましょう。目標を達成するのにプロセスは欠かすことができません。これまでの経験を総洗いしてこの作業を行えば、将来的な自分の姿もかなり具体的にイメージすることができるのではないでしょうか。

 

そのうえで、将来の目標が現職で達成可能なのかを、理由と共に書き出すのです。これで、キャリアの棚卸しは終了です。

 

 

目標を明確にし、アピールする事が大事

このキャリアの棚卸しをすることで、自分がどんなときにモチベーションがあがったり、業務上で強みを発揮するのかが見えてきます。そして、今後自分が何をしたいのか、どうなっていきたいのかも、明確になります。

 

そうした自分の強みや仕事に対する志向性が、応募しようとしている企業や職務内容にいかにマッチしているかをアピールすることが、40歳での転職が成功するかどうかに直結しているのです。

 

応募する企業が決まったら、その「アピールすること」を具体的にまとめていきましょう。自己分析と企業研究の擦り合わせができなければ意味がありません。 それができないようであれば、自己分析はやり直し。もしくはその企業には応募すべきではないと判断することができます。

 

 

プロの目線も参考にしよう

とはいえ40歳ともなると、物事の考え方も仕事のスタイルも確立し、自分を客観視できないひとも少なくありません。自分に対する思い込みを捨てて、冷静に自己分析をするためには、他人に意見を求めるのも重要なことです。

 

転職エージェントなどでキャリアコンサルタントと面談し、プロの目線で自己分析をサポートしてもらうと、より転職に有利な自己分析ができるはずです。ぜひ、協力してもらいましょう。

 

その時に必要なのは、自分自身で行った自己分析の提示です。間違っても1から100まで転職エージェントのキャリアコンサルタントに自己分析を任せてしまうことはしないでください。それでは他者分析となってしまい、面接等でも有効なアピールができなくなってしまいます。

 

 

自己分析の見直しも積極的に行うこと

転職活動開始直後に行う自己分析。しかし、この作業は転職活動中に行っても問題はありません。むしろ、積極的に見直し作業を行っていきましょう。

 

応募しても採用されない、そんな状態が続いたら、「自己分析に問題があるのかもしれない」と思うことが大切。改めて自分自身を見つめ直し、どこか抜けていた部分や見落としていた部分がないかをチェックし、より正確で詳細な分析になるように心がけていかなければいけません。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト