転職の目的は明確に

転職の目的を見つけるために

 あなたが、40歳で転職を考える理由は何ですか?勤務先の業績不振や過重労働、給与や待遇への不満など、理由はひとそれぞれでしょう。

 

 ですが、現状の不満を解消するための転職では、一瞬は満足できるかもしれませんが、何か不満の種が生まれたときに、同じように会社を辞めたくなるのが目に見えています。

 

 転職活動をスタートする前に、キャリアの棚卸しをしっかり行い、自分のキャリアビジョンを再構築し、目的を明確にすることから始めましょう。

 

 

 

何を解決するべく、転職するのか?

 転職を考えるということは、現状になんらかの不満や問題があり、それを解消するには転職しかないと思っているのではないでしょうか。

 

 転職の理由のほとんどは給与、労働条件、人間関係によるものでしょうが、なにしろ40代の転職は決して易しいものではありません。当サイトの管理人が「いきなり転職するのはやめておけ」というのも変な話ですが、このようなサイトを運営しているからこそ、「慎重に行って欲しい」と切に願います。

 

 まず優先すべきは転職せずにあなたの不満・問題を解決できないか模索すること。それが無理であったときの転職です。

 

 ただ、何しろ40代は時間がありません。ぼやぼやしているとさらに年齢が重なり、転職が難しくなります。リスクを最小限に抑えるのであれば、転職の準備をしつつ問題を解決するために動く。

 

 転職サイトやエージェントは最初こそレジュメの設定やエージェントとのやり取りで少々時間を取られますが、一度準備してしまえば向こうから案件を紹介してくれるという、受動的な転職活動を行えるメリットがあります。

 

 そういった準備をしつつ、問題を解決できればそれで良し、転職できればそれもまた良しという二本体制でリスクマネジメントを行いましょう。

目的にかなう仕事探しをしよう

 景気回復を受けて、40代・50代といったミドル世代の求人が、転職市場でも増えています。

 

 ですが、すべての業界、すべての職種の求人が増えているわけではありませんし、満足のいく転職を果たすためには、自分の目的にマッチした求人情報を探すことが基本です。

 

 キャリアアップをしたいのか、キャリアチェンジをしたいのか、ワークライフバランスを優先したいのかなど、自分の目的が何かにこだわって、求人をチェックするようにしましょう。

 

 転職サイトや転職エージェントなど、求人情報媒体によっても、得意分野やメリット・デメリットが違うので、上手に使い分けましょう。

 

 

 

<関連ページ>

  1. 転職活動前に自分の市場価値を調べよう
  2. 転職活動を始めるのは在職中・退職後どちらが良いのか

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト