転職活動前に自分の市場価値を調べよう

自分の市場価値を知って計画をたてよう

 同じ業界、同じ職種の40歳であっても、仕事の実績と関わり方によって、市場価値は大きく変わります。

 

 40歳の転職は、自分の希望だけでなく、企業のニーズを満たさなければ、内定を得ることができません。

 

 まず、自分の市場価値を認識し、アピールポイントを把握して、希望の転職を果たすためには、どんな戦略をたてて活動すべきなのかを考え、計画を立てて実行するようにしましょう。

市場価値を知る方法

 転職市場の中で、自分の価値がどれくらいかを確認してみたいのなら、転職サイトで行っている適職診断や、年収診断を行ってみましょう。現時点での年齢と職歴に基づいた市場価値を、知ることができます。

 

 より信憑性の高い市場価値を知りたいのなら、転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントに聞いてみるのが一番です。

 

 居住地域や持っているスキル、キャリアの積み方、そして業界動向を考慮して、現実を教えてくれるはずです。

 

 40歳になって、転職活動を行うために市場価値をあげようと考えても、短期間で何とかなる問題ではありません。

 

 常に仕事に積極的に取り組み、社内だけでなく、社会で認められるキャリアと実績を積んできたことが、評価されると認識してください。

 

 

 

<参考ページ>

  1. 転職の目的は明確に
  2. 転職活動を始めるのは在職中・退職後どちらが良いのか

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト