転職活動を始めるのは在職中・退職後どちらが良いのか

40歳の転職活動のタイミング

40歳ともなると、会社の中堅社員であり、管理職を担うひとも多くなっているはずです。転職後のキャリア形成を考えても、余計なトラブルや火種を残すことは得策ではありませんので、円満退職できるよう、タイミングをはかりながら転職活動を行う必要があります。

 

そう考えると、在職中・退職後のどちらが転職活動を始めるのによいのかと、迷うひともいると思いますが、自分が希望する業界や職種の求人数によっても、判断が変わります。

 

求人動向や自分の市場価値を調べたうえで、自分に最適な方法・タイミングを選びましょう。

 

 

在職中・退職後に活動するメリット

40歳が在職中に転職活動を始めるメリットには、経済的基盤があるので、余裕をもって求人探しができることと、履歴書や職務経歴書にブランク期間がないことがあげられます。
40歳で数ヶ月のブランク期間がある人を積極的に採用しようとする企業はあまり多くはありません。このことを考えれば、在職中の転職活動開始は、非常に重要なメリットを持つことになるでしょう。

 

一方、退職後に活動するメリットとしては、企業研究や応募書類の作成に十分な時間を割けること、面接日や入社日も、応募企業に合わせることができることがあげられます。
自由に動くことができるというのは、本当に大きなメリット。キャリアに自信があり、市場価値も高いと確信を持っている場合には、このメリットを活かすために退職後に転職活動を始めてもいいのかもしれません。

 

 

在職中・退職後に活動するデメリット

メリットのみを考え転職活動を行うタイミングを決めるのは、少し危険かもしれません。必ずデメリットも考えながらそのタイミングを見計らうようにしてください。

 

在職中に転職活動を始め、それを進めていくと、転職活動期間が長くなる傾向があります。即座に転職したいと考える人にとっては大きなデメリットとなってしまうかもしれません。
また、働く場所がある分、危機感が薄れ、転職活動に向かう気持ちやモチベーションが維持しづらいというデメリットも考えられるでしょう。

 

一方、退職後に転職活動を始めると、転職活動に失敗した時のリスク回避が難しくなるというデメリットがあります。失業期間が増えていくだけというリスクしか残らなくなり、その後の選択肢も非常に狭まってしまうのです。

 

 自分が納得できる転職を実現するためには、どちらの方法がベストなのかを、じっくり考えてみてください。また、メリットがあればデメリットもあることも、十分に考慮し決断しましょう。

 

 

<参考ページ>

  1. 転職の目的は明確に
  2. 転職活動前に自分の市場価値を調べよう

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト