40代の転職に向いている、3つの人物像

40代で転職に向いている人とは?


40代にも差し掛かると、そろそろ転職はきつくなってきます。しかし、中には40代を超えても軽々と転職活動の壁を乗り越えて、良い条件の転職先を見つけて転職してしまう人も中にはいます。それは、どのような人なのでしょうか?

 

転職エージェントとして勤務した経験のある筆者が感じた、「40代で転職に向いている人とはどのような人か」お話しましょう。

 

 

人が好きな人

まずは「とにかく人が好きなんだな、この人は」、という人物。転職とは新しい人間関係を一から築いていく作業です。その為、コミュニケーション能力が大事な要素だということは、今さら説明することでもないでしょう。

 

しかし、単に口がうまい、説明上手というだけでは転職はうまくいきません。本当に人とコミュニケーションをとることが好きな人は、人に対する好奇心が旺盛で、かつ人に対する気遣いがとてもきめ細かいのです。そのため、一緒にいると居心地が良く、周りの人もその人を好きになってしまいます。人が好きな人は周りに良い影響を与えますから、その結果、良い縁を引き寄せるようです。

 

筆者が担当した事がある40代転職希望者で、そのような方がいました。温和な笑顔と性格で、会話するととても楽しいのです。癒し系とでも言うのでしょうか、この人の話ならもっと聞きたい、と思わせるような空気をまとっていました。面接でもその人柄から誠実さがにじみ出ているため、大抵が好感触を得ているようでした。

 

転職希望者は、面接でこれから一緒に仕事をする人を探すわけですから、「人への興味」は転職をする上で非常に重要なのです。

 

 

頭が柔らかい人

頭が柔らかい人は新しい環境になじんでいきやすいですから、転職に向いています。職場が変われば、仕事のやり方も変わります。頭が柔らかければ、その変化にも柔軟に対応できます。また、時には自分より若い上司の下につくかもしれません。

 

そんな時も、頭の柔らかい人ならば「転職なんて、こんなものだ。これも経験のうち。頭なんていくらでも下げますよ。」と、その状況を楽しむ事さえできるのです。40代でこれができれば、かなり有利です。

 

逆に信念を貫き通す人は、若いうちならまだ人の話を素直に聞けるので、その信念の強さを生かして良い結果を生む事もできます。しかし、40代を超えて仕事のやり方も進む方向も変えられない人は、転職は難しいでしょう。人とのやり取りに関しては柔軟に対応でき、仕事に対する信念は強いという人なら、まだいけるはずです。

 

 

不測の事態に強い人

40代転職者に求められているのは「クレーム対応能力」です。この能力の元になっているのが、「不測の事態への対応力」というべきものです。大事な顧客を怒らせてしまった、会社にとって大事なプロジェクトが行き詰ってしまった、このままでは会社に大きな損害が出そう、などというピンチにも落ち着いて次善策を講じることができる、そんな人材はどの企業でも必ず必要とされるはずです。

 

特に、若い人達が多い新しい会社に、このような人材のニーズは高いはずです。元気で才能のある若者達を集めて新しく会社を立ち上げたものの、色々な不測の事態が起こります。やはり、経営層にも現場にも経験豊富な40代社員は必要なのです。

 

上記のような要素を兼ね備えた40代に自分もなりたいと、筆者も思います。そうなるためには、40代に到達するまでにどう年をとるかが大事なのかもしれません。

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト