未経験職種に転職するために

ハードルが高いことは覚悟しておこう!

 40歳で未経験職種にキャリアチェンジを考えるにあたっては、かなり悩んだことでしょう。

 

 ですが、40歳で未経験職種に転職するのは、相当ハードルが高く、余程のことがない限り、年収ダウンにつながる可能性もアップするという現実は、認識しておく必要があります。

未経験職種への転職を叶えるために

 未経験職種の中でも、活況なリフォーム業界や、慢性的な人手不足に悩む介護業界など、比較的転職が容易な業界があるのも事実です。

 

 ですが、営業や接客の経験があったり、業務に必要な資格を持っているなど、何がしかの接点がないと、転職できたとしても、続けていくことが難しいのが現実です。

 

プロのサポートは積極的に活用しよう

 40歳で未経験職種への転職を果たすためには、応募可能な求人を見つけることから始めなければなりません。

 

 転職エージェントなら、非公開求人や独占求人も多いですし、何よりいろいろな業界に精通しています。

 

 キャリアコンサルタントとのカウンセリングを通して、マネジメントなど汎用性のあるスキルが活かせる求人を探してもらうのが、案外早道かもしれません。

 

 また、業務に関連する資格を取得するためのスクールに通うと、そこで就職をあっせんしてもらえる可能性があります。幅広く、情報収集してみることをおすすめします。

 

転職の理由を明確に語れることが大事

 企業の採用担当者にすると、同業界・同職種でキャリアを積んできた人材を採用する方が、即戦力として活躍できると思うものです。

 

 だからこそ、どうして40歳で未経験職種に就きたいのかを、明確に語れることが大事です。自分の熱意と思いを、自分の言葉で語れるように準備しておきましょう。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト