40歳の正社員転職!

正社員かどうか求人票をチェックしよう!

 40歳で転職をするとき、注意してほしいことがあります。それは、いかに年収が高くても、求人のすべてが正社員ではないという事実です。

 

 求人票をじっくり読み込むとわかりますが、人件費を削減するためなどの理由で、中高年の中途採用を「契約社員」「嘱託社員」として募集する求人も少なくありません。応募する前に、しっかりチェックするようにしましょう。

正社員転職を実現するためには

 40歳で正社員転職を果たすなら、これまでキャリアを積んできた業界や職種で探す方が、正社員になれる確率が高いです。

 

 キャリアチェンジや未経験職種への転職の場合、試用期間が長くなったり、その後の正社員契約ができないケースも少なくありません。

 

 自分の価値を認めてくれる企業を探すのも、一つの方法だと認識してください。

 

非正規雇用から正社員を目指すこともできる

 とはいえ、勤務地や職種によっては、どうしても最初から正社員として就職できないケースもあります。

 

 その場合、正社員登用制度のある企業を選ぶか、派遣会社に登録して紹介予定派遣の求人を紹介してもらうという方法もあります。

 

 自分のキャリアやスキルで、正社員採用されるにはどんな方法があるのか、幅広くリサーチしてみましょう。

 

プロのサポートはフル活用しよう!

 40歳で正社員就職を目指すなら、転職サイトで探すだけでなく、転職エージェントに登録し、求人を紹介してもらうことをおすすめします。

 

 企業とのつながりが深い転職エージェントには、転職サイトではお目にかかれない非公開求人や独占求人が多いですし、登録者とキャリアコンサルタントが対面あるいは電話でカウンセリングしたうえで、マッチする求人を紹介してくれます。

 

 その際、正社員転職が一番の条件だと伝えるとよいのです。ぜひ、実践してみましょう。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト