ハローワークの求人情報

地元の中小企業の求人情報も網羅

 ハローワークの求人情報の特徴としては、無料で募集情報を提供できることもあり、地域の中小企業などの求人を数多く扱っていることがあげられます。

 

 転職サイトや転職情報誌、新聞の求人広告などでは見かけることのない、転居不要な求人を探すには、最適な情報媒体です。

 

 また、最近はハローワークのインターネット検索サービスが充実し、全国各地の求人を探しやすくなったのも魅力といえるでしょう。

 

 

ハローワークのサービスを活用しよう

 ハローワークは、求人情報を提供するだけではありません。求職者として登録すると、自己分析や労働市場分析をサポートしてくれたり、履歴書・職務経歴書の作成方法や面接のセミナーを無料で開催するなど、さまざまなサービスを用意しています。

 

 また、若者やフリーター・ニートに特化した就職活動サポートから、ミドル世代の再就職支援まで、幅広く対応してくれます。

 

 実際に窓口の担当者などに対面で相談できるので、1人で転職活動を行うのが不安なひとには、心強い味方になってくれるはずです。

 

 ほかの求人情報媒体と併用しながら、必要な情報を収集したり、個別のサポートをお願いするなど、上手に活用することをおすすめします。

 

 

転職の可能性が高い求人多数?

 ハローワーク以外にも転職サイトや求人誌など、転職先を探すことができる媒体は幾つもありますが、ハローワークは他の媒体と比べて、比較的転職の可能性が高い求人が集まっているようです。

 

 その理由は、企業側も無料で求人情報を出すことができるから。
 通常の転職サイトなどは求人情報を出すのにもそれなりにお金がかかります。採用者が見つかったら報酬をサイト側に支払うというシステムのところもありますが、いずれにしてもハローワークとは異なり、人材を新しく雇い入れるのにそれなりの投資を必要とするのです。

 

 その投資分を回収するには、優れた人材を雇い入れなければなりません。すると、当然審査も厳しくなりがち。
 ハローワークで人材を募集している企業の審査全てが緩いというわけではありませんが、少なくとも転職サイトなどに求人を出している企業よりは採用されやすい傾向が出てくるのです。

 

 

ハローワーク利用時の注意

 他の求人情報媒体よりも採用されやすいハローワークですが、しかし、その一方で注意しなければならないことも出てくるでしょう。

 

 これも他の民間の求人情報媒体との違いなのですが、求人情報を出す企業へのチェックが甘いという点は無視できません。

 

 労働基準法に違反している、あるいはそのギリギリのところで人を雇い入れている企業も少なくないため、もしハローワークを利用するのであれば、窓口の担当者にしっかりと確認することと、応募や入社の前の企業研究によって企業の良し悪しを見極める作業を徹底しなければならなくなるでしょう。

 

 

<参考ページ>

  1. 転職エージェントには必ず登録しよう!
  2. 転職サイトのスカウト機能は必ず使おう!
  3. 社会的に意外と知らない40代だからこその危険、ブラック企業に入らないために
  4. 転職活動後の狙いを定めるために知っておきたい、正規雇用と非正規雇用の違いはどこにあるの?

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト