転職エージェントには必ず登録しよう!

転職エージェントを活用するメリット

 

 転職エージェントに求人を紹介してもらうためには、まずは登録し、そのエージェントに所属しているキャリアコンサルタントと呼ばれる人にカウンセリングしてもらうのが前提です。

 

 というのも、転職エージェントは、企業から個別に採用を依頼されており、登録者の希望の求人を探すだけでなく、企業のニーズに合った人材を探すという役割も担っているからです。

 

 そのため、企業の事業戦略に関わるような非公開求人や、ハイクラスな独占求人など、ほかの求人情報媒体ではお目にかかれないような情報が集まっています。

 

 つまり、転職エージェントは“ただの求人”を紹介してくれるだけではなく、“求職者が満足するような求人”を多数抱えていることになり、マッチングを行った上でそれを紹介してくれるのです。

 

 これによって、自分で求人を見つけてきて応募するよりも、採用される可能性がアップすると言うこともできるでしょう。これがまさに転職エージェントを活用する最大のメリット。キャリアアップ転職を目指すなら、積極的に活用すべきでしょう。

 

 

転職エージェントならではのサービスとは

 

 転職エージェントのキャリアコンサルタントは、企業の採用担当者と直接、採用の打ち合わせをすることも多いです。そのため、企業の選考ポイントや、職場環境、入社後の実務に関する情報を豊富に持っています。

 

 求職者と企業双方のニーズを理解したうえでマッチングを行い、さらに応募書類の作成や添削、面接を通過するためのポイントを、個別にアドバイスしてくれます。

 

 さらに、面接日の調整から、内定後の勤務条件や入社日の交渉まで行ってくれるので、安心です。これらのサービスは、さすがに他の求人情報媒体では行ってくれません。まさに転職エージェントならでは。まず、相談に行くことから始めてみてください。

 

 

転職エージェントを利用して「いまいち」と感じたら

 

 転職エージェントは一つだけではありません。数多存在しています。それぞれに所属しているキャリアコンサルタントがたくさんいるわけですから、自分を担当する可能性がある人も山ほど存在していることになります。その全ての人が、あなたにとって満足できるサービスやアドバイスを提供してくれるとは限りません。

 

 転職エージェントに登録しキャリアコンサルタントと面談をしてみたけど、「どうも自分のことをわかってくれていないような気がする」、「トンチンカンなアドバイスばかりされる」、「事務的な作業に感じてしまい気持ちが乗らない」などと感じたら、そのエージェントにキャリアコンサルタントの交代を申し出てみましょう。

 

 我慢してそのコンサルタントと付き合い続ける必要はありません。他の転職エージェントに登録し直してもいいのですが、まずは担当の人を変えてもらう方が手っ取り早い。情報は引き継がれるはずですから、一からカウンセリングする必要もなくなるでしょう。

 

 このような使い方をすることで、より自分の転職を理想のものに近付けることができるはずです。

 

 

 

<参考ページ>

  1. ハローワークの求人情報
  2. 転職サイトのスカウト機能は必ず使おう!
  3. 社会的に意外と知らない40代だからこその危険、ブラック企業に入らないために
  4. 転職活動後の狙いを定めるために知っておきたい、正規雇用と非正規雇用の違いはどこにあるの?

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト