社会的に意外と知らない40代だからこその危険、ブラック企業に入らないために

転職が厳しいからこその危険性

 

 40代となると前の世代に比べると転職が厳しい世代となり、求人の選択肢も少なくなってしまいます。だからこそ人によっては「ブラックしかない」と感じてブラック企業でも許容して入ってしまう方もいるでしょう。

 

 40代で大分仕事をしてきたからこそ厳しいのには慣れていると考えている方がいるかとも思いますが、それは非常に「甘い」考えに他なりません。ブラック企業の恐ろしさはそんな想像を遥かに超えているからです。

 

 ブラック企業は心身ともに社員という名の「駒」を消耗品として利用していく企業であり、特に健康面でも支障が出る40代となれば、精神面はよくても身体面でやられてしまう可能性があります。

 

 下手をすればそのまま過労死もありえるのです。自分の体、むしろ「命」を守るためにもブラック企業に入らないようにした方がいいのです。

 

 ブラック企業に入社してしまうと、「辞めたい」と思っても辞めさせてもらえないかもしれません。辞めさせてもらえたとしても、そこで働いた期間は職歴として残るわけですから、もし数ヶ月という期間で辞めてしまえば次の転職活動に支障が出る可能性も考えられるでしょう。ブラック企業に入社することには、全くもってメリットはないと理解しておくべきです。

 

 

ブラック企業を分析して見分ける

 

 40代で転職するとなればそのキャリアを駆使して活動していくことになりますが、だからこそ企業側の要望と雇用条件を確認しましょう。ブラック企業の場合は明らかにその要望に釣り合わない雇用条件を提示しているところも多いです。特に40代での転職は少しハードルを下げてでも探したいと考えるひとも多いので気をつけましょう。

 

 調べるだけでなく直接説明会や面接で分析して見分ける方法もあります。説明会でやたらと都合のいい情報ばかり入ってくるのであれば気をつけた方がよく、都合の悪い質問が来たらごまかしたのであれば確定と思っていいでしょう。

 

 また説明会の場所がやたらと豪華なところである場合にも用心した方がいいです。これは、社屋を見れらては困るという心理からくるものです。豪華なホテルやホールなどを借りて説明会会場や面接会場としているところは、応募者を安心させる目的がありますから、少し警戒した方がいいのかもしれません。

 

 面接の場合には面接よりもその企業の雰囲気をよく見ましょう。社員の顔が暗いものである場合にはブラックである可能性が高いです。面接中もやたらと企業に都合のいい内容となればブラックだと思っていいでしょう。

 

 社員同士の上下関係が極端で、そうした雰囲気が面接時にうかがえるようであれば、これもブラック企業であることを疑った方がいいのかもしれません。

 

求人からもブラック企業を見分ける

 

 求人票、ここからもブラック企業かどうかを見分けるためのヒントが隠されていることがしばしばあります。

 

・どこをどう読んでも仕事内容が曖昧で具体的なものが見えてこない
・仕事が非常に簡単で誰にもできると謳っている
・仕事内容の割に提示されている給与額が非常に高い
・「やる気」や「上昇志向」など、気持ちの面を強調するような文言が多い

 

 給与額は具体的なのに、それ以外はほとんど見えてこない、そんな求人には要注意です。企業にとって良いことばかりが書かれているような求人は疑ってかからないとブラック企業に引っかかってしまうかもしれません。

 

<参考ページ>

  1. ハローワークの求人情報
  2. 転職エージェントには必ず登録しよう!
  3. 転職サイトのスカウト機能は必ず使おう!
  4. 転職活動後の狙いを定めるために知っておきたい、正規雇用と非正規雇用の違いはどこにあるの?

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト