転職活動後の狙いを定めるために知っておきたい、正規雇用と非正規雇用の違いはどこにあるの?

年収の違いは300万円?

 

 やりがいや夢といったものを手に入れるために働いたり転職を目指したりする人も多いと思いますが、お金のことを一番に気にして働く人や転職を狙う人も多いでしょう。

 

 

 どちらが良いとか悪いとか決める必要はありません。個人個人の価値観に従えばいいだけのこと。それでもお金という存在は考えざるを得ない要素となるのも確かなことなのかもしれません。

 

 正規雇用社員と非正規雇用社員の収入の差を平均してみると、年収換算では約300万円ほどとなるようです。年間でこれだけの差は大きいですよね。雇用形態に見られる圧倒的な違いと言えそうですし、この数字を見たら、なかなか非正規雇用を積極的に目指すのは難しくなってくるでしょう。

 

 

変化ありの正規雇用と変化なしの非正規雇用

 

 収入とも関わってくるのですが、正規雇用で働く社員は、長く働いていれば多くの変化を体験することになるでしょう。勤続年数によって収入が上がる、役職に就く、それが上がるなどの変化もありますし、それに伴って身に付くスキルなどにも変化が出てくるはずです。

 

 また、転勤や異動によって働く場所や地域、あるいは国などが変化することも正規雇用の特徴なのかもしれません。一方の非正規雇用で働く社員にはこうした変化はあまり見られないでしょう。だからこそ長く働ければ働くほど、正規雇用社員との差が開く一方となってしまうのです。

 

 転勤や異動の点を見れば非正規雇用社員の方がメリットがあると言えそうな部分もありますが、どちらに価値をより見出すかは人によるのかもしれません。

 

 

“心の違い”にも着目してみましょう

 

 ここまでは収入や役職、転勤やスキルといった、どちらかと言えば目に見えたり他者にもハッキリとわかるものの違いについて見てきました。もうひとつ、正規雇用と非正規雇用の違いを見る時に無視できないものがあります。“心の違い”です。

 

 これはなかなか探ることが難しいのですが、非正規雇用で働き、その期間がどんどん長くなると、次第に焦ってきたり自己否定に走ったりする人が多く出てくるようです。卑屈になる、落ち込みがちになるという心の変化もそうでしょう。

 

 正規雇用社員では絶対にそういったことがないというわけではありませんが、将来を見据えた時に不安になりやすいのは圧倒的に非正規雇用の方であり、それが心の違いとなって表れてきてしまうのかもしれません。

 

 

“社会からの目”にも違いが?

 

 正規雇用と非正規雇用の違い、これには“社会からの目”という観点からも考える必要があるのかもしれません。平たく言ってしまえば、周囲の人がどう見るのかということ。

 

 例えば、金融機関などからの融資。住宅ローンなどが代表的なところかもしれませんが、正規雇用はこれを借りることはさほど難しくない一方で、非正規雇用にとっては非常に高いハードルが待ち受けることになるでしょう。非正規雇用の方が稼いでいたとしてもです。

 

 結婚なども、正規雇用は認められやすく非正規雇用は、「正社員ではないのに結婚!?」などと世間から思われてしまうことが多々あるようです。

 

 特に、40歳を超えているなど、ある程度の年齢に達している人が非正規雇用社員として働いていると、さらに世間や社会からの目というものは厳しいものとなります。「人として問題がある」と思われてしまうことも多々あるため、生きづらさを感じることも。

 

 こうした“社会からの目”は、特に非正規雇用に対しては厳しいものであり、正規雇用と比べた時には生活する上でさまざまな違いとして現れてきてしまうことになるでしょう。

 

<参考ページ>

  1. ハローワークの求人情報
  2. 転職エージェントには必ず登録しよう!
  3. 転職サイトのスカウト機能は必ず使おう!
  4. 社会的に意外と知らない40代だからこその危険、ブラック企業に入らないために

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト