面接の対策

 

入社後に行う仕事(業務)内容

面接中、唯一こちらから面接官に質問できる時間が最後の方に与えられるはずです。ここで何を質問し何を確認しておくべきか、これを知らなければ入社後に後悔してしまうかもしれません。

 

入社してみないとわからないことの中で、転職者にとっても最も重要なこととなるのは、仕事内容でしょう。入社後にどのような仕事をすることになるのか、その業務内容に関して不明な点があれば必ず面接時に確認しておかなければいけません。

続きを読む≫ 2016/03/24 10:06:24

 

面接官に与えたい第一印象とは

100%とは言いませんが、面接の結果は第一印象によって決まっていると言ってもいいでしょう。

 

人には感覚というものがあり、そして感情というものがあります。見た目やそこから感じ取る雰囲気は、それらの感覚や感情に大きな影響を与えるため、数十分という短い時間で人間性を判断する必要がある時、面接官であっても、どうしてもその第一印象から得られる感覚や感情に頼らざるを得ないのです。

続きを読む≫ 2016/02/16 15:18:16

お礼状が結果を左右することも

 

 面接終了後はそのまま結果を待つだけでなくお礼状を出すという行動があります。

 

 転職希望者の全ての人がお礼状を出すわけではありませんが、お礼状とは面接をしてくれたという感謝を示すためのものであり、これを送ることによってその企業に自分の意欲をアピールすることができ、更に自分を印象付ける効果が期待できます。

 

続きを読む≫ 2015/01/13 14:14:13

仕事内容について

 

 面接で質問を求められたのであれば、まずは仕事内容について聞いておきましょう。というのも40代は基本的に管理系の仕事を任されることが多くなると思いますが、入社したての頃はそうではなく別の仕事を任されたり、企業によっては管理職を任せるのではなく、単純にその技術と経験を生かしての仕事を任せるということがあります。

 

続きを読む≫ 2014/12/26 13:38:26

圧迫面接の種類

 

 圧迫面接とはこちらを精神的に追い詰めるような面接のことです。その内容としてはわざとこちらが回答しづらい質問をしたり、こちらの一部の内容を否定するようなことを言ったりとするような感じです。

 

続きを読む≫ 2014/12/24 16:42:24

逆質問で熱意を伝えよう!

 

 面接の最後で必ず聞かれる質問に、「何か聞きたいことはありますか?」というものがあります。この逆質問で何を聞くかで、企業の採用担当者に残る印象が変わります。

 

 面接の事前準備の際、事業内容や配属先でこれから必要とされるスキルなど、複数の逆質問を用意しておくとよいでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/10/31 16:14:31

事前準備が面接の成否をわける

 

 面接当日に余裕をもって臨むためには、事前準備が不可欠です。転職の場合、同時に複数の企業に応募しているひとも多いと思いますが、すべての書類はコピーかデータを残しておいて、面接前に内容確認ができるようにしておくことがポイントです。

 

 というのも、企業の採用担当者は、面接の際に、履歴書と職務経歴書を手元において話をします。

 

続きを読む≫ 2014/10/31 16:14:31

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト