逆質問でさらに印象付けよう!

逆質問で熱意を伝えよう!

 

 面接の最後で必ず聞かれる質問に、「何か聞きたいことはありますか?」というものがあります。この逆質問で何を聞くかで、企業の採用担当者に残る印象が変わります。

 

 面接の事前準備の際、事業内容や配属先でこれから必要とされるスキルなど、複数の逆質問を用意しておくとよいでしょう。

 

 また、面接の中で企業の採用担当者が話した内容について、「先ほど、お話されていたのですが…」と不明点や疑問点などに関する質問をするのも、コミュニケーションスキルをアピールすることにもつながりますし、あらかじめ用意しておいたという印象を避けることができるのでおすすめです。 

 

 質問に答えるという意識ではなく、対話するという心持で臨み、それを活かしましょう。

 

 

その後のやり取りに繋がる逆質問を

 

 対話するということは、自分と採用担当者の間でキャッチボールが行われるということです。ここで意識したいのは、単発の質問にはならないようにすること。

 

 クローズド・クエスチョンと呼ばれる、“はい”か“いいえ”で答えられてしまうような質問は、面接の際にはあまり良くないとされています。そこで会話・対話が終了してしまう可能性が高いからです。

 

 オープン・クエスチョンと呼ばれる、相手が文章で答えられるような質問を考えておきましょう。

 

 仮に“はい”か“いいえ”で答えられるような質問をしたとしても、その答えに対してさらに質問を重ねられるように準備しておかなければいけません。逆質問の答えに対して、さらに質問を重ねられるような対策こそが非常に重要であり、ここまでできて印象付けが成功すると思っておくべきです。

 

 

逆質問は聞き方も大事!

 

 逆質問は、応募企業を知るチャンスでもあるので、不明点を素直に聞くのはよいことです。ですが、逆質問は聞き方がとても大事です。ストレートに聞きたいことを聞くと、心証を悪くしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

 給与額や残業や休日出勤の有無については、企業の採用担当者が好感触を持っていると確信するまで、聞かない方が無難です。

 

 「条件面だけで入社を決めようとしている」と思われた時点で、内定の芽は潰れてしまいます。社内研修や個人のスキルアップの奨励など、前向きなことは、どんどん逆質問しましょう。

 

 自分の意見や考えを先に述べてから、「どう考えていますか」と採用担当者に質問を投げかける聞き方も一つのテクニックとして覚えておいてください。自分の意見や考えを先に述べることで、企業研究を尽くしているという印象を与えることができます。しかし、それではまだまだわからないことがあるので、さらに奥深くまで知りたい、という欲求も伝わり、物事の大事な部分を追求しようとする姿勢を示すこともできます。

 

 逆質問ではこうした聞き方をどこかで披露すべきであり、そのための準備を入念にしておかなければいけません。

 

 

 

<参考ページ>

  1. 転職だからこそ面接対策は万全に
  2. 面接でのNG集には必ず目を通そう

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト