40代の転職者が面接で聞いておきたい仕事と雇用は

仕事内容について

 

 面接で質問を求められたのであれば、まずは仕事内容について聞いておきましょう。というのも40代は基本的に管理系の仕事を任されることが多くなると思いますが、入社したての頃はそうではなく別の仕事を任されたり、企業によっては管理職を任せるのではなく、単純にその技術と経験を生かしての仕事を任せるということがあります。

 

 入社してから、「当初考えていたような仕事内容と異なる」と感じても時すでに遅し。そうならないよう、面接の段階で、入社後に任せてもらえる仕事や、就かせてもらえる役職、こうしたことについて聞いておく必要があるのです。

 

 また一言で管理職でといっても実際にどういう仕事を任せられるかというのは分かりません。そして大きな企業になると所属の話にもなるため、そうした内容のことを聞いておけばいざ仕事になった時に対応することができます。「どこでどう働くことになるか」とりあえずこれはしっかりと聞いておきましょう。

 

 

雇用条件について

 

 後はやはり転職で働くのであれば給与を初めとした雇用条件に関しても聞いておきたいところでしょう。ただ、これに関してはあまりにもストレートに聞いてしまうと、仕事よりもそちらの方に目を向けていると思われて相手に悪い印象を持たせてしまうため、他の仕事に関する質問をした後に、そのおまけのような感じで聞くようにするなど工夫をもたせましょう。

 

 もちろん聞き方もストレートにただ聞くだけでなく、遠回しに聞くようにした方がいいと言われています。給与のことを聞くのであれば、自分はどうなるかというより、企業の給与形態はどうなっているのかと聞き、休暇に関しては休みがどれくらいあるかを聞くのではなく、どれくらい忙しい仕事になるのかを聞けば間接的に知ることができます。

 

 ただ、それらが求人概要にすでに書かれている場合には要注意。そうしたものに全く目を通さないままに応募をし面接を受けていると思われかねないので、「募集要項にはこのように書かれていたのですが」などと前置きした上で尋ねた方がスマートでしょう。

 

 それと面接だけで雇用条件に関して全て聞けるとは限らないため、自分が聞いておきたいと考える内容のものだけ聞いておいた方がいいでしょう。そのためには自分が予め自分が何を聞いておきたいかを考えておいて、それと同時に面接中の進行次第でどれを聞くかも変えていきましょう。

 

 

試用期間について

 

 仕事内容と雇用条件、これら両方ともに当てはまり、且つ、面接時に聞いておきたいことの一つに、“試用期間”に関することがあります。

 

 40代でも試用期間がないとは限りません。管理職であっても引き抜きなどでない限りは、一定期間の試用期間が設けられると思っておいた方がいいでしょうし、そうした企業が増えてきている傾向もあるようです。

 

 試用期間はあるのかどうか、あるのであれば何ヶ月ほどの期間が設けられているのか、その間の待遇はどのようになっているのか、主にこの3点について事前に聞いておくと安心です。

 

 試用期間に関する質問をする時には、それに否定的な雰囲気を出さないように注意すること。甘んじて受ける姿勢をしっかりと出すと、印象を崩すことなく面接を終えられるはずです。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト