円満退職をするために気を付けるべきこと

退職の流れを理解する

 年代が上になればなるほど、保険をかける意味でも、在職中に会社に内緒で転職活動を始めるひとが増えていくようです。

 

 それは問題ありませんが、円満退職できるように、きちんと準備しながら転職活動を行うことが、ビジネスマンの基本です。

 

 きちんと退職の流れを理解し、段取りをしながら進めましょう。退職の意志表示は、まず直属の上司に口頭で行います。それ以外の人に最初に相談する、あるいは書面で伝えるなどすると直属の上司の顔が立たず、円満退職にもならなくなりますから気をつけること。
 その後、上司と引き継ぎについて話し合い、了解してもらったうえで退職日を決定し、その後に転職先との入社日の交渉をするのがセオリーです。

 

 上司経由で会社の了解が取れた時点で、「退職願」を書くこともありますので、就業規則の退職規定には必ず目を通しておきましょう。

 

 

 

転職計画と退職計画はセットで行おう

 転職活動を始める場合、事前に計画をたてると思いますが、そのときに退職計画もたてておくと、スムーズに進めることができるはずです。就業規則の確認だけでなく、そこには書かれていないような勤務先の退職の慣習をリサーチしておくことも大事になってくるでしょう。

 

 ひとや立場によっては、後任者の採用が必要な場合もありますので、仕事の流れを振り返り、引き継ぎ期間も多めに見積もって、退職計画をたてておくことをおすすめします。

 

 また、どんなに親しくても、同僚や先輩・後輩に転職活動をしていることを安易に話さないようにしましょう。特に、直属の上司に退職の意志表示をするまでは黙っておくことを徹底してください。

 

 

退職のための作業を始めた後の注意点

 いくら同僚や先輩、あるいは後輩等に転職活動を行うことや退職することを内緒にしていても、上司に退職願・退職届を提出し引き継ぎ等も行っていけば、いずれは直属の上司以外にもあなたに退職の意志があることが漏れ伝わってしまうでしょう。
 この時の対応次第でも、円満退職となるかならないかが決まってくることがあります。

 

 例えば、仕事終わりで同僚等と飲みに行った時、そこで退職や転職に話が及ぶこともあるはずです。お酒も入っていることから、「待遇が悪いから会社を辞めるんだ」とか、「上司が大嫌いだから転職するんだ」などと語ってしまえば、当然円満退職を自ら拒むことになってしまいます。

 

 親しい同僚等でも、あなたのそうした本音を誰にも言わないとは限りません。もし上司にそれが伝わってしまえば、あなたがその後どんなにフォローしても円満退職とすることは叶わないでしょう。

 

 最後の最後まで職場の不満は口にしないし、態度にも出さないこと、これが円満退職の最大の秘訣なのかもしれません。

 

 

 

<参考ページ>

  1. 周囲が納得できる退社理由を用意しておこう
  2. 途中入社するときの注意点とは

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト