周囲が納得できる退社理由を用意しておこう

退社の理由はまず、直属の上司に伝える

 

 円満退職をするためには、退職の慣例を守り、筋を通さなければなりません。そのため、まず退社の理由を、直属の上司に説明することからスタートします。いきなり「退職願」を提出するのではなく、「相談があります」と時間をもらい、口頭で退職の意思表示をしてください。

 

 まず直属の上司に、という部分も大きなポイント。他の人に相談をすると、上司は立場を失います。プライドが傷つけられたと感じる人も出てくるかもしれません。

 

 どんな退社理由を述べたとしても、直属の上司にとっては納得のいかないものとなってしまう可能性が出てくるので、必ず最初に直属の上司に相談するようにしましょう。

 

 そして、転職を決意する発端は、勤務先への不満がベースになっているでしょうが、それをストレートにつたえるのは得策ではありません。「自分の適職が見つかった」「ステップアップしたい」「一身上の都合」など、建前の、できればポジティブな退社理由を伝えましょう。

 

 

退社の理由は誰に対しても同じことを言う

 

 上司の了承を得て、退職日を決める際、それをオープンにする時期も相談しておくこともおすすめします。就業規定に記載されている会社も多いと思いますが、引き継ぎの問題もあって、同じ部課のメンバーには、それより早く伝えた方がよいケースもあります。

 

 その際、退社の理由を聞かれると思いますが、先輩や後輩、同僚であっても、上司への説明と同じ理由を繰り返してください。違う理由を言えば、「どちらが本当の理由なのか」と、社内で勘ぐられてしまうかもしれません。そんな面倒は起こさないのが円満退職の秘訣にもなります。

 

 礼を尽くして円満退職できたとしても、勤務先への不満が理由だったことが、何かの拍子で伝わると、これも感情的な禍根を残しかねません。口は災いのもとと心得ましょう。

 

 

周囲に納得してもらうための伝え方

 

 退社理由は同じでも、伝え方によって伝わり方は変わってくるもの。どう伝えるかも、非常に重要なのです。

 

 最初のポイントは、「申し訳なさそうに伝える」こと。悪びれる様子もなく、「やりたいことが他に出来たんだからしょうがないだろう」といった態度で退社理由を伝えれば、例えそれが会社への悪口や不満ではなかったとしても、伝えられた方はいい気がしないものです。

 

 このタイミングで会社を辞めることを本当に申し訳なく思う、といったニュアンスの言葉を添えながら伝えれば、納得してもらいやすくなるでしょう。グダグダと言い訳をしないのもポイント。退社の理由は明確に伝えることです。言い訳をすればするほど、その退社理由が嘘っぽくなってしまいます。

 

 また、一度伝えた理由を変えないようにすることも覚えておいてください。これもどの理由が本当なのかわからなくなってしまう原因となりますし、とてもじゃないですが納得してもらうことはできません。

 

 

 

<参考ページ>

  1. 円満退職をするために気を付けるべきこと
  2. 途中入社するときの注意点とは

トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト