40代が転職先に溶け込むために気を付けたいこと

40代だからこそ謙虚な気持ちを持つ

 

 40代での中途採用の場合、プレイングマネジャーなどの管理職として、転職するひとも多いのではないでしょうか。その場合、個人だけでなく組織で成果をあげることを求められますから、これまで自分が培ってきたスキルとノウハウを使うことをやむなしと考える40代も多いのではないでしょうか。

 

 ですが、40代の新入社員を迎え入れる既存社員は、それまでの会社のカラーと違う人材に対して、警戒心を持つ傾向が強いです。仕事で成果をあげるためには、職場のほかの社員の協力が不可欠ですから、一日も早く職場に溶け込んで、社内で自分のポジションをつくるべきです。

 

 そのためにも、過去の実績をひけらかすことなく、その職場ですぐに役立てるためには何をすべきかを、謙虚に探す姿勢を持ち続けてください。

 

 それに必要なのがコミュニケーションです。自分一人が頑張っても社内でのポジションは確立できません。誰が何を考えているのか、そうしたことも把握しながら自分のこともしっかりと知ってもらうよう努力する。このコミュニケーション能力を確実に発揮することができれば、転職先に溶け込む時間を短くすることができるでしょう。

 

自分のスタイルに固執し過ぎない

 

 40代ともなれば、自分の仕事のスタイルが出来上がっているのは当然なことです。ですが、前職では通用したそのスタイルが、転職先ですぐに受け入れられるとは限りません。まずは転職先の慣例やルール、システムを理解して、説明されなくてもできるようになることを、意識してください。

 

 また、職場の特定のスタッフとだけ話すのではなく、社員とはまんべんなく話しましょう。職場を観察していれば、誰が真摯に仕事をしているのか、職場のムードメーカーが誰なのかは、よくわかるはずです。

 

 社員の特徴を捉えるためには、ここでもコミュニケーションが必要不可欠。苦手だと感じる社員ともしっかりと話をするなどし、会社全体のルールやシステムを取り入れるよう心がけなければいけません。

 

 働き心地の良い職場をつくるためには、自分がどんな関わり方をすべきかを意識し、周囲が自分の存在を認められる成果を上げるまでは、自分のスタイルに固執しないことが大切です。

 

 また、転職先で課題を見つけたとしても、改善案の提案や遂行にはタイミングが重要です。職場で出過ぎることがないよう、意識してください。

 

ブライベートをひた隠しにしない

 

 職場にブライベートなことを持ち込みたくない、そう思う人もいるかもしれません。ましてや転職直後は警戒感もあるでしょうから、安易に自分の私生活をさらけ出すことには抵抗があるでしょう。

 

 それでも、極端にプライベートをひた隠しにはしたくないところ。仕事の面での話よりも、私生活での話の方がお互いの距離が縮みやすくなるからです。

 

 もし他の社員が趣味の話や家庭の話などで盛り上がっていたら、あなたも自分のそういったプライベートな部分を少しずつ出していきましょう。私生活を頑なに隠す人は信用されにくいですし、相手も心を開いてくれません。

 

 それでは転職先に溶け込むのが難しくなってしまいますから、相手が求めていないのに全てをさらけ出すのも少し違いますが、必要に応じて仕事の顔とは違った顔も持っていることを出していくようにしてもらいたいものです。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト