「辞めないで」が嬉しい言葉とは限らない!?引き止められた時の対処法とは?

辞めたい理由をはっきり伝える

 

 40代までその会社で働いてくれた人を失うというのは、会社にとって非常に大きな痛手です。部下を沢山抱えている方もいるでしょうし、仕事の中心人物として重要なポジションにいる方も少なくはないでしょう。

 

 そうでなくても、会社に慣れている人には辞めてほしくないものです。だからこそ、会社側もあの手この手を使って引き止めようとします。

 

 「給料を上げるから」とか「仕事の量をセーブして少し楽にできるようにするから」などと、あなたを引き止めるために甘い言葉を投げかけてくる上司もいるかも知れません。もちろんそれで納得できるのであれば残ることも悪くはありませんが、転職を決意するまでには色々なことを考えてきたと思います。

 

 もし引き止められたら、なぜ転職を考えるのか、転職をすることで今後どうなっていきたいのか、強い決意でいることをはっきりと伝えるようにしたいですね。そうすることで、相手に「それなら仕方ない」と思わせることができれば、気持ちよく送り出してくれること間違いなしでしょう。

 

 また、上に挙げたような甘い言葉は、例え会社に残ったとしても実現しない可能性が高いことも覚えておいてください。実際にこうした引き止めによって転職を諦めた人の中には、「約束が違う」と憤る人も少なくないのです。会社はあなたを引き止めるためなら、悪賢い手法もとってくると思っておくべきなのかもしれません。

 

揺らがない態度も大切

 

 辞めないでくれと引き止められることは、正直悪い気分ではありません。しかし、そんな気持ちのまま曖昧な態度を取ってしまうと、会社はそこを狙ってきます。何とか交渉すれば辞めずに続けてくれるんじゃないか、そう思われてしまっては、さらに引き止めは強くなってしまうでしょう。

 

 ある程度大きな会社であっても、自分のポジションによっては社長自らが出てくるなんていうこともあるくらいです。でも辞める気持ちが固まっているのであればそこに負けず、何を言われても「辞めます」というスタンスを崩さないことが大切になります。

 

 さらに1度辞めると言っておきながら、そのまま会社に残ることになると、そのせいで仕事がやりにくくなることも考えられます。周りから「辞めると言いだした人」となんていう目で見られてしまうこともあるでしょう。

 

 仕事をするということは、根気や我慢も大切だ、などとお説教までされることもあるかも知れません。40代という大人の年齢だからこそ、転職のような大きな決断をした時は揺らがない態度でいるようにしたいですね。

 

 

感情的にならずに話し合いを

 

 辞めたいということを伝えるあなたに対して、辞めてほしくないと引き止める会社がある。そうなれば、話し合いの場を何度も持たなければ退職に向かうことができないことも出てくると思います。

 

 話し合いを行うこと自体は問題ありません。そこでしっかりと理由と意志を伝えて円満退職に持っていくことは社会人としてはもちろん、これまでお世話になった会社に対しての当然の行動と言えるでしょう。

 

 しかし、話し合いの内容や上司の出方によっては感情的になりそうな場面も出てくると思います。そんな時にどれだけ冷静でいられるか、ここがポイントになってくるのかもしれません。

 

 冷静さを欠けば言い合いになったり関係性が悪化したりなどし、円満に止めることができなくなる可能性が大きい。そこから会社側の嫌がらせ等が始まるというケースもなくはないでしょう。

 

 引き止めに応じる時には感情的にならないこと、これを守りながら話し合いや交渉、引き継ぎ等の作業を進めていくことが求められるのです。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト