今よりもワンラン上の転職をするには?上級管理職への転職とは

転職をする際には今よりも給与の多い企業へ転職したいとか、もっとやりがいのある仕事に就きたいという理由以外にも、今よりもさらに上へキャリアアップをしたいという転職もあります。一般的な転職とは異なり、キャリアアップを目指すには一般社員ではは無く上級管理職への転職が必要不可欠となります。

 

すでに今の会社で上級管理職の場合でも、同じ管理職でもさらにやりがいのある大手企業を目指すことは自分自身を成長させることにも繋がります。

上級管理職への転職とは?

上級管理職と言う職業は、部下を管理して会社の経営の方向性や生産性のアップなどを司ることになる非常に重要な職業と言えます。

 

大きな会社になればなるほどこの上級管理職の役割は重要になりますし、仕事の重要性なども高いものとなるためやりがいも大きくなる職業と言えます。現在この上級管理職への転職を考える人も増加傾向に有り、エグゼクティブ転職と呼ばれて転職市場では非常に人気となっています。

 

企業側も上級管理職の人材を常に探しているという状況が有り、優れたエグゼクティブ人材を見つけ出すことがそのまま企業の成長にも繋がると考えられているため、上級管理職という人材は引く手あまたな状況となっています。

 

今よりもキャリアアップをしたい場合や、やりがいのある仕事を探している場合には、エグゼクティブ転職を考えてみるのも選択肢の一つです。

 

エグゼクティブ転職に必要なものとは?

上級管理職への転職を考える場合、必ず必要となるものがあります。それは自分の仕事の能力やスキルだけではなく実際に上級管理職になった場合に部下を如何に効率よく使うことが出来るかという管理能力の高さです。

 

いくら個人的な能力が突出していたとしてもそれがそのまま上級管理職としての能力にはなりませんので、管理能力や自分の担当している部署全体を広く見渡すことが出来る視野も必要となってくるでしょう。その為一般の社員からいきなりエグゼクティブ転職をすることは難しいといえますので、今の会社である程度の管理職の経験を積んでいることも重要となります。

 

エグゼクティブ転職は一般的な転職サイトやハローワークなどにはまず載っていませんので、基本的には引き抜きやヘッドハンティングといった形での転職となるケースが多いのも特徴で、他の企業などとの繋がりや広い交友関係を築いておくことも重要な要素となります。

 

もちろん今の会社で優れた管理能力を発揮できていることは必ず必要となってくる要素ですし、それにより他からの声もかかりやすくなりますので、今の仕事を如何に頑張っているかもエグゼクティブ転職には必要となるでしょう。

 

逆に考えれば今の仕事で結果を残せていない人は、エグゼクティブ転職をする器が整っていないと考える必要があります。

 

エグゼクティブ転職で得られるメリットとデメリット

メリット・・・給与面で大幅なアップが期待できると言うことがあります。

それと同時に仕事のやりがいも大幅にアップしますし大きな仕事を任されるということも増えていくことになります。

 

エグゼクティブ転職では企業側もその能力を見込んで採用するわけですので、自分の能力が会社の運営を大きく左右すると考えなければいけませんし、それによる責任も非常に重いものとなります。

 

この責任の重さや会社運営に携われるという緊張感が仕事のやりがいにも繋がることになりますので、エグゼクティブ転職を行う事で自分自身を高めることにもなるでしょう。将来的な更なる昇進も考えられますので、今よりもさらに上のクラスでの仕事も可能になるでしょう。

 

デメリット・・・責任が伴うと言うことは結果が出せなければいけません。

最悪の場合解雇される可能性も出てきますし、自分の能力不足により会社の経営に不利益をもたらしてしまった場合には、そこには責任というものが付いて回るため何かしらの形での責任を取る必要も出てきます。

 

大きなメリットの裏にはそれと同じくらいのデメリットもあると知っておく必要があるでしょう。

 

まとめ

上級管理職への転職はステップアップを考える上では最も適した転職と言えます。しかしそれを成功させるには生半可な覚悟ではだめですし、自分の能力を常に高め続ける必要もあるので、それを理解した上で上級管理職への転職を行う必要があるでしょう。"


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト