転職で失敗した人の経験を活かして成功する転職にしよう。

今勤めている会社に不満があり人間関係や年収などの待遇改善を計るため転職を志しますが、残念ながら全ての転職希望者が満足できる成功と言える転職が行えるわけではありません。
また転職活動を行う期間も様々で1ヶ月で転職できる人もいれば1年以上経っても新しい転職先が見つからない人もいるのです。
ここでは転職活動におけるNGとされる失敗例から成功につなげる目的で幾つか見ていきましょう。

1、退職しないで転職活動を行う事で得られるメリットとは

一般的な転職活動では前の会社を退社して自由な時間の中で転職活動を進めていく方が効率が良いと考えますが、実は転職で成功する人の多くは退職しないで転職活動をしているのです。

 

一番大きな違いは収入で退職してから新しい転職先を見つけるまでの時間は人それぞれ不透明で失業給付を受けながら転職活動を行うにしても退職理由が自己都合退職であれば会社都合退職の7日間待機に対し実に3ヶ月も待たなくてはならないのです。つまりこの間は当然無収入となりますので早く新しい仕事を探さないといけないという不安や焦りから条件面で妥協したり意にそぐわない職種に転職することで失敗が生まれるのです。

 

退職しないで転職活動することで条件に合う自分がやりたい仕事の求人が出るまで待つこともできますし、企業によっては就業時間が終わった後に面接時間を確保してくれるケースもありますので退職しないで転職活動を行う事を覚えておいて下さい。

 

2.新卒の就職活動を思い出しもう1度基本的なマナーを携帯しよう

転職活動を行う人は当然前の会社に内定をもらえたことで採用され今日まで勤務できていた事になりますが、勤続年数に違いはあれど社会のいい面、悪い面も色々と経験されてきた人がほとんどです。

 

転職活動を行う上でその甘えや気の緩みは大敵で基本的なマナーや礼儀、身だしなみから受ける第一印象などの失敗で複数の企業に応募しても内定をもらえない人も多くいるのです。ここはやはり原点に立ち返り服装や頭髪のチェックや口臭、靴や鞄の汚れなどを調べてみる事も大事です。第一印象で受ける55%以上は外見であり見られていないようでも採用面接官は応募者の至るところを観察しているのです。

 

また面接以外でも基本的な採用基準となる履歴書や実務経歴書に間違いはないか見直し書き溜める事は避けることで書類選考で失敗せず最終面接へ進む事ができるようになるのです。

 

3、転職活動では複数の手段を利用し応募企業も1社に絞る事はやめよう

転職活動を行うにあたり求人を探す方法にはハーローワークや求人雑誌、転職セミナーへの参加や転職サイトに登録するなど多くの方法がありますので、失敗しないためにはこれら複数の手段を利用する事が重要です。当然登録されている求人は毎日更新され同じ条件で検索しても表示されない求人もあるのです。

 

また転職サイトに登録する事でも転職を成功に近づける方法で時には柔軟は発想を受け入れて転職コンサルタントの第三者の視点や企業自体からスカウトされる制度などでも自分では気付かない未知なる才能を開花できる可能性も出てくるからです。

 

次に応募する企業に関しても端から1社に絞る事は避ける事で失敗を回避でき2社、3社と応募する企業を増やす事が大事なのです。1社目では残念ながら書類選考で落とされても1度転職活動の流れを確認できたことで失敗も見えてくるので、2社目は最終面接で落とされた、3社目で内定をもらえたと転職活動の期間内で自分の成長を実感する事ができるので応募する企業を1つに絞らない事が成功へに近道となるのです。

 

まとめ

転職活動では希望者それぞれの条件や職歴、年齢などから1ヶ月、半年、1年と活動期間は一定ではなく先の見えない不透明な期間でもあるので、まず退職しないで転職活動を行う事が重要です。
また原点に立ち返る意味でも基本的な身だしなみやマナーを再確認し第一印象で好印象を与えるために自分を見つめなおす事も重要です。
転職求人を探す方法も複数の方法で利用する事で広い角度から求人を探し出す事もできますし、応募する企業も1社だけに絞らず2社、3社と増やす事で失敗しない転職ができるようになるのです。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト