40歳からの転職の動機について

40歳からの転職では転職動機をどのように伝えたら良いでしょうか?

 

一般的に、転職において応募する書類や面接では、転職理由(転職動機)を伝える必要があります。これは、採用企業が、転職動機を確認することで書類や面接から、候補者の仕事に対する姿勢や考え方といった志向性やストレス耐性などの人柄を判断する必要がありからです。転職においては、即戦力採用だとしても最初の3ヶ月ぐらいでは、成果をすぐには出せないものです。

 

そのため、転職理由を確認することで自分勝手に我儘をいっているだけなのか、それとも納得できるものなのか採用前に判断しておく必要があります。また、せっかく採用コストをかけて多くの候補者の中から採用しても、その人がすぐに転職してしまえばこれまでの時間と労力が無駄になってしまいます。これらの採用時のミスマッチを防ぐ意味でも、転職動機を魅力的に伝える必要があります。

 

■転職動機の伝え方
そこで、実際に転職動機を効果的に採用担当者に伝えるためには、しっかりと事前に転職で何を求めるのか自己分析しておく必要があります。40歳からの場合には、社会人経験があり、将来的なさらなる成長に期待される可能性があるため、未経験採用をしてもらえる可能性もあります。そういう場合には、転職先の福利厚生や安定性や前職が向いていないなどの話をするのではなく、自分がこういうことに興味がでたので、転職先でそれができるなど向上心や意欲、未来への可能性をアピールすることが大切です。

 

■結論
40歳からの転職では、いかに効果的に転職動機を伝えられるかが合否を左右します。しっかりと転職先の企業情報や企業の方向性を調べます。そこから、企業が望むような人材をイメージして自分の転職動機と合わせることで効果的にアピールしたいものです。

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト