40代からの転職は難しい?限界は何歳?

40代からの転職は難しい?求められる能力とは?

 

40代の転職というのは、やっぱり難しいのでしょうか?タイムリミットの年齢はどうなのでしょうか?

40代の転職には、30代までの転職とは異なり、転職をしても入社とともに組織のリーダーとして、もしくは業務上の経験者として成果を出すことを求められます。転職に伴い職場環境や、顧客、取引先などの人間関係がいったんリセットされて最初は、不慣れなこともあるため、精神的にタフさが要求されるだけでなく転職先からも期待されているため大きな挑戦となることを覚悟しておく必要があります。

 

40代で転職先を探す場合には、リーマンショック以降、世界経済は冷え込み、ユーロ危機の影響もあり日本国内での企業業績も下方修正する会社が多く、今の日本社会では人間関係や給与が良い会社に再就職できるのは、人脈とコネを利用しないと難しいでしょう。

 

厳しい現実を覚悟しよう

やむなく離職をして転職する必要がある場合には、単にハローワークに通い、「年齢不問」求人に応募したところでよい結果を得ることは難しく、人材紹介会社やインターネットでWEB登録してまずはエントリーできる求人を確保することから始めます。40代の転職の場合には、10社にエントリーして1社の面接に行ければ効率が良いと覚悟しておく必要があります。

 

40代の場合には、できるだけ早い方が良いですが、経験職種や保有資格などによるスペシャリスストの場合には、50歳までであれば転職できる場合もあります。いずれにしても、年収が上がる転職ができるのは、スカウトなどによる引き抜きの場合が多く、それ以外は現状維持か下がることは覚悟しておく必要があります。

 

40代前半と後半の求人数と求められる能力とは

40代前半の場合

【求人数】 少ない
専門職でも無い限り、求人数は非常に少ないのが現状です。
【求められる能力】 それはマネージメント能力。
例え求人に応募できても、フットワークの軽さと柔軟性で30代には負けてしまう可能性がとても高くなります。面接でのアピールポイントは、会社にどれくらいの利益を生むかを強調できるマネージメント能力です。

 

40代後半場合

【求人数】 極端に少ない
この年代は特に、転職市場の流れが鈍く、求人数が極端に少なくなります。
【求められる能力】 それは専門的な経験値と管理能力。
この年代の求人案件は高待遇のエグゼクティブ求人か、低賃金の単純作業労働と二極化になってしまいます。 
入社してすぐに管理職ということもありますし、経験によって培った技能か専門性が無ければ、良い求人に巡りあう事自体がとても難しいでしょう。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト