転職で失敗する人の特徴はなんですか?

 

転職で失敗する人の特徴はなんですか?

転職で失敗する人の多くは、本当の自分の価値を分かっていません。転職市場価値などと呼ばれますが、これは一つの指標にしか過ぎないものの、しかし、非常に大切な指標でもあります。これを見誤ると、自分の思い通りの転職をすることができないでしょう。

 

特に多いのは、自分のことを過大評価している人です。市場価値はさほど高くないにもかかわらず、会社内でそれなりのポジションを与えられ収入もそこそこあることから、それを市場にも当てはめ勘違いし、結果的に過大評価となってしまう人は転職に失敗する可能性が極めて高い。

 

実際に応募し面接を受けてもなかなか採用してもらえないでしょう。人材を欲している企業が求めている能力を備えていないわけですから、当たり前です。

 

転職の目的が明確になっていない人も転職に失敗してしまう可能性が高く、また、そうした人も非常に多く存在しています。

 

この特徴を持つ人に見られるのは、“現状に不満があるから転職を考えた”などというように、転職の動機が非常にネガティブなこと。その動機が未来ではなく過去や現在にある人は、転職に失敗する傾向が強いようです。

 

コミュニケーション能力が欠乏している人も、転職に失敗する可能性が高いでしょう。仕事に関する能力はあってもコミュニケーション能力がなければ、なかなか採用はしてもらえません。

 

これは、人と接するのが得意か苦手かという話だけではなく、自分の能力や頭の中にある価値観といったものを上手に言葉で表現出来るかどうかという話も含まれます。面接でそれを披露する必要があるため、苦手な人は練習しておかなければいけません。

 

他にも転職で失敗する人の特徴はありますが、自分の価値を正しく見極め、転職の目的を明確に持ち、それらを確実に相手に伝えることができれば、転職に失敗することはほとんどないと言えるでしょう。

 

 

その他の質問

在職中の会社にばれずに転職する方法はありますか?
退職した会社から好条件で誘われています。出戻りはアリ?
退職したいのですが退職届を受理してもらえません。どうしたらいいですか?


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト