退職した会社から好条件で誘われています。出戻りはアリ?

 

退職した会社から好条件で誘われています。出戻りはアリ?

 

日本全体で見れば、退職した会社に再び戻って働く、いわゆる出戻りは頻繁に行なわれていることでしょう。出戻りそのものに問題があることはありません。
しかし、そこには幾つか注意しなければならない点も出てくるので、それを踏まえた上で最終決断を下すようにしてください。

 

退職した会社から好条件を提示され誘われているということですが、その条件が本当に実現されるのか、ここに注意する必要が出てきます。
企業の多くは、できるだけ安い費用で優秀な人材を雇おうとするもの。誘われているということはあなたが優秀な人材であることは間違いないのでしょうが、しかしできるだけ安い費用で雇い直そうと考えているとすれば、その好条件を素直に鵜呑みにするのは危険なのかもしれません。

 

出戻った瞬間に、「さすがに他の従業員の手前、いきなり高待遇とするわけにはいかない」と、事前の話と違っていたということは、決して珍しいエピソードではないのです。

 

一度辞めた会社に戻るわけですから、ずっとそこで働いていた従業員にどのように思われるのか、ここも考える必要があるでしょう。
「白い目で見られる」と言ったら表現が悪いかもしれませんが、もしあなたのことを“裏切り者”と思っている人がいるとすれば、その中で働き易さや快適さをすぐに見つけるのは難しいのかもしれません。

 

また、その会社を辞めるに至った原因と再び対峙しなければならない点も無視はできないでしょう。
会社に原因はなく、例えば単に体調不良となって退職し、しかし「もう一度戻ってきてくれないか」といった形で誘われているならばいいのでしょうが、待遇に満足いかなかった、人間関係に嫌気がさした、やりがいが見出せなかったなどの理由で退職したのであれば、出戻ることで再びそれがあなたの身に襲いかかることは覚悟しておかなければいけません。

 

そうした問題をクリアできるのであれば、出戻りもアリなのではないでしょうか。安易に“好条件だから”というだけで出戻るのは避け、少し冷静に慎重になる必要があるでしょう。

 

 

その他の質問

転職で失敗する人の特徴はなんですか?
退職したいのですが退職届を受理してもらえません。どうしたらいいですか?
同業種に転職する際に注意しなければいけないことはありますか?


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト