アルバイトをしながらの転職活動はアリ?

転職が決まらないのでアルバイトをしながら転職活動をするのは有りですか?

転職が決まらない日々が続くと経済的な負担が大きくなることがあり、それをカバーするためにアルバイトとして働くことを選択するというのは、決して間違ったことではないでしょう。生活するためですから仕方がありません。

 

しかし、もし特に無職の日々によって経済的に負担が大きくなっているわけではなく、まだ最低でも半年以上は困窮することなく生活し続け、且つ、転職活動が続けられるような状態であるならば、積極的にアルバイトを始めることはあまりお勧めしません。

 

アルバイトを始めると、転職活動に割く時間を確保しにくくなる恐れが出てきます。正社員ほどではありませんがお金が手に入るため経済的にも余裕ができ、「早く転職しなければ」という危機感が薄れる可能性も出てきてしまうでしょう。
アルバイト先に求められればそれだけ勤務時間や勤務日数も増えていくでしょうから、日々の生活スタイルを転職活動から徐々にアルバイトに合わせなければならなくなる危険も出てきてしまいます。

 

企業に応募し面接することになっても、その日時調整をアルバイトの勤務先ではなく、面接を受ける企業側にお願いするなんてことがあれば、いよいよどちらが本当に重要なことなのかが見えなくなってしまうでしょう。

 

今はそれほど感じないかもしれませんが、アルバイトをすればお金が入ってくる、しかし、面接を受けても採用されるどうかかわからないという、確実性と不確実性を比較した時、人間はどうしても前者、つまりアルバイトの方を優先する意識が働いてしまうので、それによって上記のように重要視すべきものの選択を間違えてしまうということは決して珍しくないのです。

 

もしアルバイトをするにしても、“1日に5時間だけ”とか、“週に3日だけ”などと制限を設けることをお勧めします。できれば、アルバイトをしなくてもいいように、即座に転職先を決めると決意し、それに必要な作業や行動に移ること。まずはここを優先して物事を考えていきましょう。

 

その他の質問

転職に適したタイミングはあるの?あるとしたらいつ?
人材紹介会社を使って内定を得たけれど、知り合いの会社に誘われたため辞退したい。問題はある?
同業種に転職する際に注意しなければいけないことはありますか?


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト