同業種に転職する際に注意しなければいけないことはありますか?

 

同業種に転職する際に注意しなければいけないことはありますか?

同業種に転職するということは、同業他社へ転職するということでしょう。職種も特に変えずに別の会社で働き続けることになると思います。

 

これ自体は特に問題はないものの、辞める会社の就業規則などには、もしかしたら「同業他社への転職禁止」といった文言があるかもしれないので、一応目を通しておいた方がいいかもしれません。

 

と言っても、こうした決まりには法的拘束力はないので安心してください。日本人には職業選択の自由が認められており、それを一企業が強制的に決定することはできないのです。

 

ではどうしてこのような規則を設ける企業が出てくるのでしょうか。それは、企業の情報を同業他社へと持ち込ませないためと考えられます。

 

顧客のデータはもちろん、技術や知識といったものは、その企業が長い時間をかけて懸命に築いてきたもの。それを競合している企業に持ち込まれては大変。大きな損失となりかねません。

 

同業種に転職する際に注意しなければならないことがあるとすれば、それは、絶対に前職の企業の情報を転職先で漏らさないこと。価値観や考え方といったものを転職先での業務に反映させるのは問題ありませんが、機密情報を持ち込むのは控えておきましょう。もしそうしたことをすれば損害賠償を請求されても文句は言えません。

 

また、転職活動中、同業他社に転職しようとしていることを上司や同僚等に悟られないように注意することも必須でしょう。知られてしまえばトラブルに発展しかねません。面倒なことになるのは目に見えているので、こっそりと転職活動を行い、転職先が決まってもそれを告げないようにしてください。

 

転職後、どうしても前の企業と転職先企業とを比較してしまうと思いますが、仮にしたとしても、前の企業の批判などを転職先で繰り広げないように注意しましょう。

 

それは転職活動中ももちろん同じ。面接の場でうっかりそうした発言をしてしまう人もいますが、それは自分にとって何のプラスにもならないので気をつけなければいけません。

 

その他の質問

人材紹介会社を使って内定を得たけれど、知り合いの会社に誘われたため辞退したい。問題はある?
転職で一番大切なことはなんですか?
1年間で2回転職するのはアリ?


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト