1年間で2回転職するのはアリ?

 

1年間で2回転職するのはアリ??

1年間で2回転職するということは、同じ企業で働いた期間が長くても1年間ほどということになりますが、これを「ナシ」と言い切ることは難しいものの、「アリ」とも言い難いのかもしれません。

 

それぞれ転職したいと考えるに至った経緯や理由、事情といったものは異なるわけですから、一概にこの期間と回数でアリ・ナシを判断することは難しいでしょう。

 

この問題を採用する側、つまり企業の人事担当者側から見てみると、「ナシ」と考える人の方が多いのかもしれません。

 

短期間での転職に良い印象を持たない人事担当者は非常に多い。それは、「採用してもすぐに辞めていってしまうのではないか」と思うからです。実際にそうなれば企業としての損失は非常に大きく、人事担当者にも責任があると言われかねません。それを避けるために、転職癖のある人は採用を見送ろうとするのが普通の考え方なのです。

 

もし1年間で2回目の転職を試みるのであれば、人事担当者のこの懸念を払拭することが求められるでしょう。つまり、「その可能性(退職・転職すること)はもうない」ということを暗に示す必要が出てくるのです。

 

その説明や主張に説得力があり、「なるほど、それなら安心」と思ってもらうことができれば、その時点で1年間に2回の転職を行うことは「アリ」となるのではないでしょうか。というよりも、気にならなくなるでしょう。

 

他人から見た時に「ナシ」であったとしても、そこに正当な理由があれば、それは簡単に「アリ」に変わるものです。あとはそれを適切な形で説明できるかどうか。

 

それも含めて転職活動なわけですから、悩んでいるよりも、それを「アリ」だとするための努力をすべきなのかもしれません。

 

また、あなた自身もそれが本当にベストな選択なのかを今一度考えてみる必要があるでしょう。少なくとも今の状況での転職はそれを有利なものとする要素とはなりませんから、もう少し落ち着いて考え、不利な要素を無くすことを選択することも検討する価値があると思われます。

 

その他の質問

転職で一番大切なことはなんですか?
同業種に転職する際に注意しなければいけないことはありますか?
40歳が未経験でも働ける職種はありますか?


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト