転職に年齢制限はありますか?

 

転職に年齢制限はありますか?

転職先と、転職希望者の能力によって大きく変わると思います。とは言え、大方の見方では男女ともに20代後半が転職の花のようです。

 

20代後半が花の理由としては、ストレートで大学を卒業して22歳で就職したとして、3年くらい働くと25歳ごろで、社会人としてのマナーも身についてまあまあ使えるわりに給料も少なくてすむし、そこから28、9歳までは中高年に比べ頭も柔軟でしょうし、上司のほうでも使いやすい人材だから、というのが理由のようです。

 

30歳を過ぎると、前職で大した経験を積んでいない場合、男女ともに転職も難しくなるようです。とは言え、まだ30代前半なら、可能性はあるでしょう。20代後半と比べて門戸が狭くなるというだけです。ただし、35歳を過ぎると、状況は厳しさを増すようです。求人情報を見たら、年齢制限で30歳以下や35歳以下がダントツに多いのが判ると思います。

 

とは言え、一般的に求人雑誌や求人サイトに出回るような求人は、35歳までが転職のリミットですが、例えばヘッドハンティングされるような人材であれば、何歳であろうと転職は可能だと思います。60歳を過ぎても、組織をまとめ新たな企業戦略ができるようなハイレベルの人材であれば引く手あまたでしょう。
また、業種などでも転職の年齢制限は違うかもしれませんね。例えば農業などであれば、40代50代からの転職もありそうです。人材が集まりにくい業種では、年齢制限も緩くなると思います。

 

それ以外にも、景気の動向で変わることもあるかもしれません。20代後半の需要が高いことはいつの時代でも同じですが、景気が良くなり売り手市場に変われば、35歳以上でも採用される確立は高くなると思います。

 

まとめると、30歳以下、35歳以下と年齢が上がるにつれ就職は厳しくなるが、能力や業種、景気動向によって転職可能年齢が変わってくるだろうということです。

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト