転職の際に健康保険の切り替えって必要?

 

転職するときに健康保険の切り替えも必要ですか?

 

健康保険の切り替えは必要です。

 

転職の際には色々な手続きに追われてついうっかり健康保険証の切り替え手続きを後回しにしてしまいがちかもしれません。失業中にもしも病気や怪我で通院することになった場合にこの切り替えをしていなかった時の事を考えると大変な負担になってしまいます。退職してから数日間の猶予期間がありますので、その間にはきちんと手続きを済ませるようにしましょう。

 

また、切り替えに関しては2つの方法の選択肢があるのを覚えておきましょう。

 

被保険者資格を2年間継続

まずは、退職後にも前の職場と同じ健康保険において被保険者資格を最長2年間まで継続できる制度を利用することが可能です。任意継続被保険者の資格を取得するということになります。

 

この場合には保険料は以前の会社に勤務していた頃に比べると、退職後は勤務先の負担がゼロで全額自己負担となるために額が倍程度になることが予測できますが、失業期間中でも傷病手当金や出産手当金などの給付を受けることが可能です。
条件としては、退職前に被保険者であった期間が2カ月以上あることです。この手続きの猶予期間は退職後20日以内ですのでその点は注意が必要です。手続きに関する詳細は退職の際に人事担当者に確認するのが賢明です。
国民健康保険の減額・減免制度

 

国民健康保険に加入

次に国民健康保険に加入する場合には退職日の翌日から原則として14日以内ですので、猶予期間は任意継続被保険者の資格を取得するよりも若干短くなります。保険料の方は所得や家族の人数などの条件を加味した上で市区町村による計算方法で算出されますが、年額53万円が上限となっています。

 

 

【併せて読みたい記事】

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト