転職でシニア世代って、一体何歳くらいからが対象年齢?

シニア世代って、一体何歳くらいからが対象年齢?

 

シニア世代とは、一体何歳くらいからを指すのですか?

 


一般的にご承知の通り、シニア世代の転職や就職活動は困難を極めると言われていますが、では、一体そのシニア世代とは何歳くらいの年齢層を指すのでしょうか?

 

一般的な老齢者という意味では映画館などでシニア割引対象となる60代以上かな?というイメージがありませんか?

 

調べてみましたが、明確な基準は曖昧です。業界や目的によって感じ方が違うということなのでしょうが、WHO(世界保健機関)では高齢者を65歳以上と定義付けていますし、人口構造を示す世界データでは老年人口を65歳以上としていますので、

 

世界のデータ基準を見ると「シニア年齢」は65歳以上

 

が答えと言えるでしょう。

 

10代と30代ではシニアと感じる年齢は違う!?
世界基準のシニア年齢は解りましたが、ちまたでアンケートを取ってみると、年代によって感じる「シニア」には大きなひらきがあるようです。確かに自分自身の感覚に置き換えてみても、10代の頃に老人だと感じた人が40代になっても同じようには感じないということは年を重ねれば誰もが同意するところでしょう。

 

<年代別に見たシニア>

シニア世代って、一体何歳くらいからが対象年齢?
情報出典:ビデオリサーチ

 

転職市場でのシニア年齢は?

 

では転職市場でのシニア世代は何歳になるのでしょうか?一般的な感覚では、60代と考えていませんでしたか?

 

どうやら検討違いの様です。転職市場は一般的感覚より更に厳しい現状があります。例えば主に50代、早い考えでは40代を含む年齢層を対象としている場合があるのには驚きです。

 

シニアの世代は幅がとても広く、その認識の世代の幅は広い様にも見受けられますが、転職活動における高年齢者というものが如何に厳しい視線で見られているかを感じ取る事ができます。

 

 

まとめ

就職や転職活動においては、シニアというくくりが、定年退職を迎えて60歳を過ぎた年代の方の層に限定されているわけではないという点が見えてきました。

 

60歳以上の紛れもないシニア世代の方にしてみれば、それだけライバルが多いという見方もできてしまいます。ですので、60歳以上のシニア後半になってからの転職や再就職を考えるよりも、より早い段階でのシニア世代の準備が大事と言えるかと思います。

 

 

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト