40歳が狙うべき業種とその理由を解説!

40歳が狙うべき業種とその理由を解説!

40歳が狙うべき業種とその理由を教えて下さい!

40代でこれまでやったことがない未経験の業界や、他業種に転職をするのはとても難しいことです。
たとえばこれまでソフトウェア開発などIT関連の業界で働いてきた人が、通販会社で総務の求人に応募しても採用されることはまずありません。

 

しかし、40代を欲しがっている転職市場はもちろんあるのです。ここでは、40代が転職しやすい業種がどこかとその理由を紹介したいと思いますが、 その前に、何故転職市場で若い世代が人気なのかも知っておきましょう。 

 

企業は何故、中高年では無く若い世代を採用するのか?
【 理由は4つ 】
1. 年齢給が安い
2. 体力とスピードがある
3. 長く働き続けられる
4. 会社の色に染めやすい、教育しやすい

 

中途採用の場合には、年齢給を採用している会社も多く、採用側は少しでも若い人材を採用して経費を押さえたいと考えています。
また体力面でも心配がありませんし、若い人の方が指導しやすいということもあります。

 

若い年代を欲しがる企業の本音を知ることで、40代がアピールするべきポイントと狙うべき業界はどこにあるか?狙うべきポイントを2つ紹介したいと思います。

 

 

POINT1:販売委員なら40代の経験を活かせる
あなたがデパートで買い物をしていると、中高年の販売員の方をよく見かけませんか?意識していないと気にはならないかもしれませんが、これはデパート側の作戦でもあります。 

 

40代が欲しがる商品を、20代の若者が売ったとしても、どうしても説得力に欠けてしまうのです。しかし同年代の人なら購入したいという気持ちがわかりますし、おすすめの商品も的をえているのです。

 

例え20代向けの商品を売る会社でも、自分自身が若い世代を経験してきていますので、的確なアドバイスができます。
これらの理由から、40代にとって販売職は狙い目の業種と言えます。

 

 

POINT2:平均年齢の高い業界を狙え!
介護関係の業界は現在人手不足が続いています、40代ならまだまだ体力もありますし、介護職は平均年齢が比較的高い業界でもあります。

 

40代から新しい会社に転職するのは、人間関係も大変になりますので比較的平均年齢の高い会社を選ぶのもポイントです。
若い人に混ざって苦労するということも無く、年下の上司に嫌味を言われることもありません。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト