40歳でリストラされ、現在アルバイトです。このまま老後までアルバイトという人は少ないですか?

40歳でリストラされ、現在アルバイトです。このまま老後までアルバイトという人は少ないですか?

 

少なくありません。転職市場の求人は20代〜30代前半に集中しており40代、50代となると想像以上に厳しいです。実際に知人で大手企業をリストラされ100社以上受けても駄目だったという人がいます。

 

彼は大手勤務だったこともあり定年まで仕事をするつもりだったため、特段資格も取得していませんでした。それが突然のリストラで本人の意思はまったくそっちのけで、余儀なく転職活動をしたものの半年たった今も転職先が見つかっていません。ちなみに彼は47歳です。

 

彼の勤めていた会社では5年前も大幅リストラがあり、リストラされた先輩がアルバイトで食いつないでいたり、ホームレスになったりとあまりいい話は入ってこないそうです。大手勤務というキャリアがあっても年齢の壁と厳しい現実には、到底立ちはだかれないのです。

 

海外移住もひとつの手段?

持ち家があって家族を養う等なければ、年金支給までアルバイトでも食べていくことは可能かと思います。あるいは55歳くらいで早期退職をした人は、退職金が上乗せされたこともあり、フィリピンやタイに移住するといった人もいるようです。フィリピンやタイではプール付の家に月10万もあれば生活できそうで、海外での生活が苦でなけければ、そうした選択肢もあるということですよね。

 

あるいは起死回生を狙って、アルバイトをしつつ何か資格を取るとかするといった手もありかと思います。最近は40代、50代のフリーターは珍しくないそうです。生活ができればアルバイト生活でもいいんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

【併せて読みたい記事】

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト