40代の求人動向と転職エージェントの利用メリットとは

 

40代の求人動向と転職エージェントの利用メリットを教えて下さい。

リーマンショック以降、40代を中心にリストラの嵐はすさまじく余儀なく転職せざるえない人が多かった世代です。
雇用動向調査によると、かつて民営企業で正社員就業していた経験者がある45〜59 歳の男性雇用者の中には、1年以上失業している人が10万人以上存在しているとのことです。

 

つまり、40代の転職には時間がかかるのです。よって、40代で転職する場合には、未経験で転職することはほぼ不可能に近く、これまで経験がある同業界や同業種のほうが転職しやすいといえます。

 

40代求人の特徴は、企業内の新規立ち上げ求人や、ベンチャー企業などの管理職経験者求人が多く、業界が違っていても管理職としての経験や実績が十分あれば40代でも管理職として欲しがる会社や企業は存在します。40代の転職では、中高年やエグゼクティブ求人を扱う人材紹介会社を活用すると良いでしょう

 

活用するメリットとして、職務経歴書作成上、自分のキャリアの棚卸を客観的視点で行ってもらえるだけでなく自分で見逃していたアピールポイントの洗い出しの参考にもなり、効果的な書類を作成することができます。

 

キャリアコンサルタントとの相性にもよりますが、転職のプロの目を通して自分のキャリアの市場価値や、採用見込みのある求人を紹介してくれることもあり、転職する上で企業の判断基準がわかります。場合によっては、新たな分野でチャレンジできる可能性が発見できることもあります。

 

また、希望する企業の募集背景や社風、組織構成など自分ではわからない企業状況を知ることもできるため利用するメリットは高いでしょう。

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト