転職活動はだいたいどのくらい時間がかかる?

転職活動はだいたいどのくらい時間がかかる?


転職機関について聞かれれば、過去7回の私の転職歴を平均しますと、だいたい2ヶ月半位と応えます。とにかく思い付く限り、時間が許す限り登録しまくりました。

 

最初の転職のときには平成3年にバブルが崩壊してから5年は経とうとしていた時期だったと記憶していますが、いわゆる転職氷河期みたいな時代は相変わらず続いている様子でした。

 

そのため念には念を入れて、といった思いもあり、派遣でもいいからとパソコン操作能力を試す実技を受けて3社の派遣会社、そしてもちろん正社員雇用を目的とした人材紹介会社にも同じ3社登録しました。

 

 

ハローワークの求人は質が悪い?

 

職安だけは登録しませんでした。これは、法律でどんな求人案件も扱わなければならない(ストライキ中の会社は除く) 、という決まりのために、事実とあまりにも違う求人票が山ほどあるからです。

 

また無料ということもあって、すでに採用が決まっているのに届け出ないため、絵に書いた餅みたいな求人票が少ないからです。いずれも求人企業のモラルの問題であって、職安のせいではありませんが。法律の改正という部分では必要と思いますが。

 

ところが40代に突入した7回目の転職活動のときは違いました。さすがに職安にも登録しました。それに私の場合は朝日新聞のWeb版で求人を探したり(ここで見つけた会社に過去2回採用されていましたし)、東京人材銀行、そして3つの人材紹介会社に登録しました。前に登録したことのある会社もあります。

 

東京人材銀行も人材紹介会社同様、採用側からの逆指名システムがあり、体力勝負の転職活動にとって、こうした効率化が期待できるのは魅力でした。面接のタブーや賢い受け応え等は、ある意味で転職のプロを気取っていた私には思いがけない収穫でした。勝てる書類の書き方しかりです。

 

こうして他者の力を最大限活用し、紹介元に好かれる人間になる…難しいことはありません。自分を偽らず、聞く耳を持つこと、これくらいで十分です。 こうしたことを気に留めることで、私の平均的な転職活動期間である2ヶ月半を打ち破ってください。特に40代から転職しようとしている貴方なら。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト