40代で初めての転職・・・どうするべき?

 

40代で初めての転職…どうするべき?

40代で初めて転職する場合には、転職市場の求人の少なさや提示給与の低さなどの要因があり、非常に転職が厳しいことを実感される人も多いと思います。

 

これまでの業務経験は企業内での実績となるため、他企業でどう評価されるかは現職のポジションやマネージメント経験、過去の実績などをうまくPRできるかどうかによります。そのため、転職に際しては十分な自己分析と情報収集が大切になります。

 

転職に際して、日系、外資系企業の人事担当者は年齢に限らず転職回数を気にします。初めての転職では、転職回数が少ないため企業に対するロイヤリティがあることを実証していますのでそこを評価される半面、なぜ今転職するのかといった転職理由を明確にしておく必要があります。

 

また転職企業を選ぶ場合には、40代は人生の折り返し地点であるため、できれば延長雇用の65歳まで勤務できる転職先を選ぶこと、これまでの経験スキルと実績を活かせる企業であることが大切です。

 

40代で社会人経験は豊富ですが、初めての転職では戸惑うことも多いでしょう。一人で活動するよりは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

公的機関のハローワークの求人は年収が低い求人が多く、優良な企業も少ないため、できれば民間のエージェントに斡旋手数料を支払える余裕がある企業を紹介してもらうほうが、良い待遇で転職できる可能性があります。

 

転職エージェントが扱う求人は、非公開求人やエグぜクティグ求人もあり求人が豊富なだけではなく、転職市場動向や求人採用背景など転職に必要な新鮮な情報を提供してくれるため、ぜひ登録しておくと良いでしょう。

 

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト