40代の転職にも自己分析は重要

40代の転職にも自己分析は重要

 転職は若年層が有利とされ、中高年層である40歳以上の転職は、若年層と比べると困難といえます。

 

 しかし、自分のアピールポイントは何なのか、どんな職種に向いているか、中には何十年ぶりに履歴書を書く方や面接を受けるという方もいます。満足のいく40代からの転職をするために、まずは自分を見つめ直すことから始めましょう

自己分析をすることで自分の意外な一面が見つかる

 

 自己分析は初めて就職する人にも、40代で転職を考える人にも大切な作業です。中には初めてという方もいるかもしれません。きちんと自己分析ができるということは自分を客観視でき、自分の長所、短所がわかるということです。自己分析がうまく出来ている人は臨機応変に対応でき、転職先でもいい人間関係を築くことができます。

 

 若いときは誰でも社会的経験が少なく、うまく自己分析できない可能性があり、様々なトラブルを経験します。しかし、社会経験豊富な40代は、豊富な経験と知識があるので、様々なトラブルも臨機応変に対応する事が可能です。

 

 どんなときにやる気が出るのか、自分の長所・短所などを書き出してみましょう。なぜ、この時やる気が出るのか考え結論を出してみてください。例えば、目立つのが好きな方は他人に認められたい欲求が強い傾向があり、行動力がある人だと言えます。また友人やコンサルタントなどにアドバイスをもらうのも良いでしょう。

 

 他人から見た自分と自分の分析結果とを比べ、そのギャップに目を向けると、自分の行動パターンや自分ではわからなかった弱点が見つかり、全く思いもよらなかった自分の一面を発見できるかもしれません。

 

 自己分析により、今まで考えたこともなかった職種や会社にも自分が合っていることがわかり、会社探しの強みになることがあります

 

自己分析を生かして面接に挑む
 

 自己分析が終わり志望する会社が見つかれば、次は面接の準備をしましょう。

 

 面接にも自己分析を生かすことができます。今まで面接の担当をされたことのある方もいると思いますが、初心にかえって対策を練ってみてください。

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト