秘書検定を40代で取得して意味がある?

 

 

 40代は、中途採用希望者が飛躍的に増加する年代だと言われています。他の希望者と差をつけるために、様々な資格を取得しようとしている方は結構多いのではないでしょうか。そのような人におススメしたいのが、秘書検定(1級・準1級)です。

 

 秘書検定は、秘書としての実務能力・適正などを試す公的資格です。実際には、ビジネスマナー全般を養うための試験として、利用されています。主な受験者層は、高校生・専門学校生・短大生・大学生など。

 

 

資格よりも「スキルを得る機会」に

 

 「若い子が受験する資格だから、40代で取得しても意味がないでしょう?」このような声も少なくないようです。しかし、物は考えようです。秘書検定を「資格」として捉えるのではなく、「スキル」を養うための「トレーニング」だと考えればいいのです。

 

 秘書検定では、上座がどっちか、お礼状の書き方、など様々な「社会常識」を身に着けることができます。秘書としての考え方・心構えなども、一般の社員と共通する点が多くあります。謙虚で組織・上司に貢献することができるスキル。これを身に着けることができれば、必ず転職採用試験でも高い評価を得ることができることでしょう。

 

 すでにそれに気がついている人は40歳を過ぎていても、この秘書検定を受け、資格として履歴書などに記載しています。この資格に価値を見出すことができるかどうか、この判断が今後転職活動に影響を与えることは間違いないはずです。

 

 2級や3級でも十分社会常識を身に着けることができますが、できれば40代の方は準1級や1級など上位の級を目指すようにしましょう。より高度なスキルを身に着けることが出来るからです。1級でしたら、履歴書に書いても十分高い評価をもらうことができることでしょう。
技術やスキルがあれば転職適齢期は関係ない

 

 また、この資格は女性に限ったものでもありません。確かに受験生は女性の方が多いのも事実ですが、男性でもビジネスマナーや接遇の知識、一般常識などは求められますし、転職活動にも大きく影響するはず。性別に関係なく取得しておいて損のない資格、それが秘書検定なのです。

 

 

秘書検定についてさらに詳しく

 

 秘書検定に受験資格はありません。もちろん年齢も性別にも制限は全くありません。1級と準1級に関しては、筆記試験と面接試験にパスしなければ合格することができないのですが、二次試験にあたる面接試験に進むためには筆記試験をパスする必要があります。

 

 準1級と2級、2級と3級といったように、異なるレベルを同時に受験することも可能。しかし、1級と準1級は同時に受けることができないので注意してください。

 

 合格基準は、資質や一般知識などの『理論』の分野で60%以上、マナーや技能などの『実技』の分野で60%以上の合格率を取らなければならず、バランス良く知識と技能を身につけていなければ高いレベルの秘書検定に合格することはできません。

 

 ちなみに、準1級と2級、そして3級は選択方式と記述方式による問題ですが、1級は全てが記述方式の問題となるため、レベルも一気に上がると思っておいて間違い無いでしょう。だからこそ履歴書に書く価値も出てきますし、転職活動にも有利に働くと考えることができるのです。

 

【併せて読みたい記事】
会社が欲しがる中高年とは
今からでも遅くない30代で転職のための資格取得

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト