40代で転職に迷ったら管理業務主任者を目指せ

40代で転職に迷ったら管理業務主任者を目指せ

 

 40代からの転職となると、思うような就職先が見つかるかどうかという問題も多くあります。仕事が見つかったとしても自分の希望する条件や、安定性などすべて揃っている職場で働くのは難しいのが現状です。そこで40代の方に紹介したい資格があります。それは、管理主任者資格です。

管理業務主任者は安定性のある専門職

 

 この資格を取得するとマンション業務全般の管理などの業務を行うことができます。求人の年齢幅が幅広く、40代の方でも就職先が見つかりやすいというメリットがあります。

 

 住環境の変化にともないマンションの重要性が増加しているため安定性もあります。マンションの適正な管理を行う管理業務主任者は、幅広く活躍できる専門職です。

 

 

取得難易度は普通

 

 管理業務試験者資格の試験は年齢不問、高卒以上の学歴があれば試験を受ける事が可能です。試験内容はマンション管理の適正化についての法律問題で、難しい難易度ではありません。7割以上正解すると取得することができ、合格率は平均20%台と安定しています。

 

 試験問題は住宅に関しての法律的な問題ばかりですが、過去に出された問題を中心に勉強を進めていくと、効率的に勉強することができます。

 

 

40代からの転職はプロを頼ろう

プロのキャリアコンサルタントが無料で転職支援。転職するならリクルートエージェント

 

 

収入面や自分のスキルアップになる

 

 管理業務主任者は管理組合会社の中でも重要な立場にあり、やりがいがある仕事です。資格を持っているだけでも手当てがつくこともあるので、資格を取得しているのとしていないのとでは収入面でも大きな差がでてきます。

 

 またプロとしてのマネジメント能力がつくというところも魅力的ですので、管理業務主任者を目指している方はもちろん、40代で転職を考えている人にはおすすめの資格です。

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト