介護職員初任者研修過程〜介護職のキャリアパスの改定

介護職員初任者研修過程〜介護職のキャリアパスの改定

介護職員初任者研修課程とは

高齢化社会が進む日本。将来的にも需要が見込める業種といえば介護職です。
きつい割りに安月給というイメージがありますが、今後改善の余地があり、40代の未経験者でも転職が可能な業種となっています。何よりも、景気に左右されることが少なく、大量リストラの心配をする必要はないのが介護職に就くメリットでしょう。

 

現在、行政側では質の高い介護サービスを安定的に提供できる体制づくりに取り組んでいます。これまで整備不足となっていた介護職員の安定確保と質の向上のためにいくつかの施策が動いています。

 

その一つが2013年4月からの「介護職員初任者研修過程」導入です。複雑だったキャリアパスを整備し、介護職でキャリアアップを目指す筋道が明確にしました。
その最初の段階に位置付けられるのがこの介護職員初任者研修課程。介護職は特別な資格を持たなくても就くことができる職種もありますが、資格の有無によって行える仕事はもちろん、収入にも大きな差が出てきます。
どうせこの業界に飛び込むのであれば、介護職員初任者研修課程を取得しておくことは必ず大きな意味を持つことになるでしょう。

 

介護職員初任者研修過程詳細

「介護職員初任者研修過程」とは、これまでの「ホームヘルパー2級」と同等レベルになりますが、受講後に筆記試験が加わります。受講者には負担が増えますが、難易度はそれほど高くなく、きちんと受講していれば合格できるレベルです。すでにホームヘルパー2級を保持している人は介護職員初任者と見なされることになります。

 

キャリアパスを具体的に言えば、初心者はまず「介護職員初任者研修過程」を経て、「実務者研修」、「介護福祉士」、「認定介護福祉士(仮称)」というように目標を持ってキャリア形成を進めることができます。

 

改定までは国家資格である「介護福祉士」が最終ステータスでしたが、その上に「認定介護福祉士(仮称)」を設置することで、より高度な介護士の育成ができるようになります。

 

これからも介護業界は改善されていくことでしょう。目先のことを考えれば不安があるかもしれませんが、どんなに優良企業でも将来リストラがないとは限りません。「今」だけでなく「今後」を考えれば、介護職も悪くない選択ではないでしょうか。

 

介護職員初任者研修課程のカリキュラム

介護職員初任者研修課程のカリキュラムは全部で130時間。「職務の理解」から「介護の基本」、「老化の理解」や「認知症の理解」まで幅広く介護に必要な知識を学んでいきます。
もっとも多くの時間を割くのが「こころとからだのしくみと生活支援技術」です。こちらの科目では講義と演習を一緒に学ぶことで、より深い理解と技術を獲得していきます。

 

4時間の「振り返り」を行い、その後に上に示したように1時間程度の筆記試験を経て、介護職員初任者研修課程の資格を取得することになります。

 

早めの段階でこうした介護の資格を取得しておくと、後々、楽かもしれません。年齢を重ねてからでは勉強も大変ですし、身体にも負担がかかってしまうでしょう。早めに介護職員初任者研修課程を修了しておけば、その次のステップにも進むことができ、身体に負担が掛けられない年齢になった頃には経験や知識を使って介護職員に指示を与えるような、あるいは介護を受けている家族などにアドバイスをする立場となることができます。

 

40歳の今こそ、この業界に飛び込んでおく最良のタイミングなのかもしれません。

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト