2社目の勤続年数が短い原因とは

 40代以降の転職は、若い年齢層とは異なり失敗ができませんので、段々リスクが高くなっていきます。転職を繰り返さないための参考として、2社目の勤続年数が短い原因を記事にしています。

 

1社目の不満を解消するために転職をしてしまった

 働いている会社にとにかく”不満”があって転職したという場合には、2社目の勤続年数が短くなる言われています。経営が危ういなどの止むを得ない場合は別にしても、会社に不満があるというだけの理由で転職をすれば、次の会社でも必ず不満が出てきます。そうすると今度は次々と会社を辞めて、不満があったという理由で転職を繰り返さなければいけなくなります。

 

収入や残業などの待遇の良さだけで求人を選んだ

 1社目の会社よりも待遇が良いという理由で転職を決意した場合にも、2社目の勤続年数が短くなると言われています。求人内容の収入面などが高ければ魅力的に感じるのは無理もありません。しかし実際に転職してみると、完全能力主義の職場で常ににプレッシャーにさらされていたり、リストラの心配で精神的に疲労してしまい、また転職するという事もあります。

 

本当にやりがいのある事が見つからないのが原因

 やりがいのある仕事が見つからないという点も、2社目の勤続年数が低い大きな原因と考えられます。真にやりがいがあると感じられる仕事であれば、多少不満があっても耐えられますし頑張ろうと思えます。逆にやりたい事が曖昧で、会社への不満や求人の待遇だけを見て転職すると次の会社でも上手くいきませんので、また転職を考える事になるのです。

 

 転職を繰り返さないためには、本心からやり甲斐があると感じられる仕事を見つける事が大切なのですね。

 

 

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト